fc2ブログ

天才現る

最近では情報収取のためにネットを活用することは高齢者でも当たり前の時代になってきた。

キーワードを入れて検索すると必要以上の情報が手に入るようになったのだが、

昔から石鯛釣りをしてきた人間にとっては不愉快になる情報まで見てしまい

やるせないのだろうか?

それとも、自分自身を否定されているような気分になるのだろうか?

当の私も昔から石鯛釣りをしてきたのだが

「私が年を取り磯に立てなくなったなら、防波堤で落とし込み釣りでサンバソウを釣るかもしれないなあ」

とうそぶいていたのである。

だが、私はまだまだキャスティングでヒラマサやコシナガマグロを釣りたいし、

ワイヤー仕掛けで石鯛と対峙したいのである。

頭の固い釣り師はこのワイヤーに拘りナイロンハリスを嫌う傾向にあるようだ。




ウッドルアーを作る為、Kさんに貸していたボール盤を取りに行くと

Kさんはグラスソリッドにスピニング用の小径ガイドを取り付け

エポキシ樹脂を塗っていた。

何に使うのか尋ねるとサーモンを釣ると言っていたが

どう見ても波止からのカブセ釣り用にしか見えなかったのである。

「そういえば、浜田の波止でカブセ釣りで7枚石鯛釣ってたね」 と私が話すと

kさんは不機嫌になり 「五島の波止からでもカブセで石鯛を釣りに行く連中が居る」と返してきた。

「あぁ!それは広島のユーチューバーだよ バラシスタって言うハンドルネームで滅茶苦茶うまいよね!

あの細仕掛けで70オーバーも釣ってるし、すごいんだよね!」

と、褒めると

Kさんは更に不機嫌になり溜まったものを吐き出すかのように

「ああ言う釣りは○○じゃ!!」

と本音を爆発させた・・・

だけど、Kさんあなたが今作っている二本継の穂先はどう見てもカブセ用の穂先に見えるが

本音と建前が違わなさすぎないかと心の中で私は呟いた。

彼らはテレビ出演も果たした。

一躍時の人である!

そう、彼らは天才なのである。!!



さて、私がまだ20代のころにテレビ出演の話が合ったのだが

カラス貝を使った石鯛釣りだからと、没になったことを今でも覚えている。

それは、海溝を埋めてしまうほどの大量の撒き餌のイメージの悪さと

バフンウニが売れなくなることへの配慮からだった・・・


さてさて、釣りはドンドン進化していって

馬鹿にされていたものが価値を見出す面白い時代に進化していく

先の読めない時代へと突入していくのもやむなしなのである。













スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

うにてんこもり

Author:うにてんこもり
初老のアングラーです!

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR