FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロトタイプ

DSCF4346 - コピー
アンカーピトン

アンカー1本で固定できるピトン受け




この竿受けは対クチジロ用に造った物だが意外と重くて上下合わせて836g

強度と軽さを追及して作ってはみたものの、縦方向の強度は20kgの魚には持ちこたえられないと思う。

実験はまだ試みては無いが・・・

実際には15kgの寒鯛には大丈夫だった。
DSCF4441 - コピー
コンパクトに仕舞えるのが売りである






DSCF4337 - コピー
クエ用セパレートタイプの竿受け

アベットにパワーハンドルを装着してライトクエ釣りを実践してみたが

マグネットブレーキが効きすぎて投げづらくブレーキ1でも遠投がむずかしい

結局シマノのジガーLD4000Ⅱに落ち着いている。

竿も硬すぎると50cmクラスのクエには不向きで

14翔石鯛525Hがベストマッチだった。





この夏のクエ釣りを振り返ってみると

新設計の竿受けが欲しいなどと思いが湧いてきた

まず、兄に1本竿受けを造ってやらねばならず

今まで作って来た1本脚タイプものでは沢山の部材が必要で

かなりの仕入れ代金が掛ってしまうのである。

単純だけど強い物! 強いけど軽い物!

これらを鑑みるとビートルの原型に回帰したもで

以前にブログにも軽量化した図面を載せた物をつくることにした。

だが軽量化したものには必ず欠点が存在するのだ

改良を前提とした創作物をプロトタイプと言う。


さて、取り合えず完成したので

お披露目と行こう!


DSCF4440 - コピー
SUS製のネジをを省けばアンダー700g

DSCF4432 - コピー
前受けの高さ調整ネジはM10をダブルで左右へのブレを押さえるのが目的


DSCF4433 - コピー
後ろの石突受けは座板に溶接で固定しているから

仰角の有効角度は水平から±30位


DSCF4436 - コピー
この時点ではまで磨きを掛けてないので溶接の焼色が残っている。

レベル調整ネジは4本でセンターネジは10~12Mを使用する。

どれぐらい強いのかクエ竿をのせて私自身がのっ掛ってみたが

横に揺らすと不味いだろうと言うのは判ったが

縦方向には抜群に強い

(※独りで写真撮影したのでクエ竿の上に乗っている写真は今回は有りません あしからず)


DSCF4442 - コピー
折りたたむとこれぐらいの大きさ

この創作物の名前は ブラキオ

あと、3つ作らねばならないのである・・・
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

うにてんこもり

Author:うにてんこもり
今までの自分をリセットして新たなジャンル・カテゴリにチャレンジです。

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。