FC2ブログ

チタン製神経〆ピック

坂根さんと知り合えてから色々な事を教わるようになった。

その中で今一番興味があることは神経〆だ。

オフショアジギングをやっていた頃に知ってはいたのだが

その効果は未知で〆た4・5日後でも刺身で美味しく食べられるとか言うものです

個体の大きなヒラマサ等は1週間後でも刺身で行けるとか!?

半信半疑だったのだが・・・

去年、隠岐に行ったときにお持ち帰りした石鯛の美味しかったこと!

これはもちろん神経〆してから4日後に食べたものでしたが

身が固く活きが良かったのです。

これ以降は神経〆は欠かさず行うのだが

私が持っているピックでは短くて脳天を貫通することができないので作ってみることにした。

ここで 「えっ!?脳天を貫通??しっぽ側からワイヤーを通せばそんなのいらないじゃん!」

と、考えた人もいるはずですが魚体に傷を少なくすることも大事と坂根さんから教わったのです。


で、今回作って見たのがこれ↓
034_20140618160307180.jpg
家に残っている材料で作りました

純チタン6丸×130mm 握りは24パイのラミン棒

旋盤機が無いので24パイの木材は掴めず感でセンターを出してからボール盤で穴を空け、

先を尖らせたチタン棒を接着してからハンドドリルにチャッキングしてから回転させて

サンドペーパーで磨いたりグラインダーで溝堀して滑り止めを施しました。

〆ピックだけの使い道では無く、馬糞キリとしても活躍しそうですが

純チタンは柔らかいので釣行毎には研ぎ直ししなければいけないのです。




坂根さんには色々とお世話になっているので

スピードマスター2000用にBB入のチタン製ハンドルを作り

チタンピックをプレゼントですね
036_201406181603077b6.jpg
白木のままでは臭くなるのでクリアーラッカーを3回塗装してから引渡ししました

ドンドン釣ってビシバシ穴をホジホジして下さいね!

これで益々石鯛釣りが面白くなりますよ~



押してくださいませ
  ↓
にほんブログ村 釣りブログ 石鯛釣りへ
にほんブログ村

にほんブログ村 釣りブログ 中国地方釣行記へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



コメント

ハゲ狸さん こんばんは

大物志向では無いうにてんはやっぱ〆る派です

デカバン石鯛は自己記録更新物は別として60~69cmは写真を撮ってからリリースですね

そう公言してから60オーバーを不思議と釣っていないのがなんとも情けない限りです

〆ピックのキリ先長が130mmも有れば大概の魚は〆られると思っていますが

実際に使用してみないと使い物になるかは分かんないですねぇ・・・

使えなければ又作り直しですe-441

No title

こんにちは。

自分も市販のピックを細めに研いで〆用に使っています。上物の離島遠征の場合は、〆と血抜きで大忙しです。

でも、〆ずに港へ持って帰る釣り人って結構いますねぇ。見栄よりも美味しく食すほうがいいと思うんですが…。v-398

ウルトラマンボーイさん こんばんは

釣具店に行けば神経〆ワイヤー(形状記憶合金製)が様々な長さで売っています。

私は80cmを持っていますがデカマサを釣った時には

シッポ側からワイヤーを通します。

石鯛ならば80cmも有れば余りますね

60cmから69cmはリリースします(不味いですからね)

あっ、脳天だけかと思ったら、頭からしっぽまでなんですね~

それは知りませんでした。

じゃ~ワイヤーはかなり長目に用意が要りますね(*^^*)

ウルトラマンボーイさん こんにちは

眉間からブスリ! ゴリゴリ!!

と刺しまして貫通した後ワイヤーをしっぽまで通して

上下にグリグリしますと身が((((;゚Д゚))))ブルブルします

ブルブルしなくなれば〆完了です

青物も出来ますのでお試しくださいe-451

あっ、見た事あります

確か、昔、大間のマグロ漁師の人がやっていたような(^-^;

でも、どこをどぉ~するのかって感じで見てました

どの魚でも通用するのですね(*^^*)
非公開コメント

プロフィール

うにてんこもり

Author:うにてんこもり
今までの自分をリセットして新たなジャンル・カテゴリにチャレンジです。

最新コメント

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR