fc2ブログ

阿多田島

広島県大竹市の沖合に浮かぶ阿多田島は

広島県の有人島としては最西端に在り

フェリーが一日5往復している。

12時半に乗り遅れると夕方便まで釣りをしなくてはならない。

DSCF6285 - コピー

この日はオカッパリでタコエギをシャクリに行ったのだが

反応がない・・・

暫らく釣りしていると、地元の漁師さんが

散歩にきて、「何釣っているの?」と 尋ねる。

「タコ釣りに来てますが、何も釣れません・・・」

「最近は蛸壺にもタコが入らんけぇ、蛸壺は丘の上に投げとる。」

「はぁ?・・・・」

釣れない理由と言うか、原因をズバリと指摘されて

ああぁぁぁぁ

来なければよかった・・・・

と、後悔するのであった。

しかし、フェリーが港に着く前には

島中に蛸壺が浸けてある浮きブイだらけだったのだが

あれは何の罠だったのか・・・

漁師さんに聞いてみればよかったのである。


タコ釣りは足で稼げ!

親子で頑張ってみたものの、釣れないものは釣れないのであった。

DSCF6281 - コピー

当日の竿は20号の錘をしゃくっても大丈夫な

オフショア用の6ft パワー4のジギングロッドにPE4号を巻いたベイトリール

とPE3号を巻いたベイトリール。

余にも釣れないものだから、最後は15号の六角錘を

ただ投げて遠くに飛ばす練習を子供にさせてはやがて終了。

この日はいったい何キロ歩いたのか?

ただ、ただ 疲れたのであった。

お隣の山口県はタコ釣りが禁止になっているので

海水の綺麗なこの島を選んだのだが

オカッパリよりは海上釣り堀の方が正しかったのかもしれないと

後悔  がはははははっ!!

DSCF6283 - コピー
 
石鯛釣りの方がよっぽど簡単に思えた一日だった。


がはははははっ!


何故か親子で釣りに行くと釣れないのはなぜだぁ~
スポンサーサイト



石鯛爆釣!

先週は、「底物客が多いから来ない方がいいよ」

少し時化気味で西磯に上がれないから船長は遠慮を促す。

その本当の理由を知るのは船に乗り、他の釣り人から教えてもらった

「二人で20数枚石鯛が先週出たらしいね」の、情報だった。

えっ!?

そうだったのか・・・

毎週のごとく石鯛釣りの予定を立てている我々が情報の根源であると

勘違いを質された瞬間だった。


20数枚の石鯛が出た後には

小型の石鯛しか残って居ないのが定石で

もしかすると、イシガキ狙いに変更なのか・・・

半分期待と半分諦めに似た感情が交錯する。


一人で16枚釣った底物師は足下に石鯛が群れているのが

観えていて、ほぼ見釣りの状態だったらしい。



磯に立ち、海面を覗くといつもの海で変わったことと言えば

フジツボが齧られてあちこちが白くなっている・・・

そう言えばこのポイントには今年初めて上がる。

グレがフカセで良く釣れていたため、

ここには底物でなかなか上がることができなかったのである。

DSCF6296 - コピー

一投目から兄の竿には当たりが出ているが

喰い気が立っている訳ではなく警戒しながら啄んでくる

大型独特の前当たりだ。

サザエで百戦錬磨の兄には快感の刹那である。

DSCF6287 - コピー

一本目の石鯛は雌の62cm!

間違えてストリンガーをエラの中に通した所為で血が出ている為、

ストリンガーで活かすことを諦めて、

仕方なく締めてからイグロー54に入れる。

そして、ここからイシダイ爆釣が始まったのである。

私にも60cmの銀ワサが釣れ、

又しても兄に雌の60cmがヒット!

ウニでは釣れないかと試してみると

去年も釣れたクチジロベイビーが釣れる。

DSCF6289 - コピー

こいつは良く引いた!

水面に出てくるまでは、60cm石鯛と勘違いするくらいだった。

まあ、その理由は軟調のMロッドであるがために

勘違いが起きるのだが、フッキングさせづらく掛ければ

良く引く竿なのである。

サザエ餌の場合には必ず2度合わせを入れなければ

バラしてしまうことが多々あるのである。

釣り人とはいい加減なもので

喰い込みが良くて体に優しい方を選択しているのに

腰が柔らかい所為で合わせが効かない事を嘆く

両方を満たせる竿は無いというのに・・・

DSCF6288 - コピー

最近では遠投釣り場に対応してハイギヤリールを持参している。

しつこく言うが私はカーボンリールのタナトル3000が好きだ。

DSCF6302 - コピー

それから型が少しずつダウンして行くが石鯛は釣れる。

だがこのままでは

イグロー54に入りきらなくなるのは明白で

ウニを鈎に刺しイシガキ狙いに変更するのだが、

兄はこんなことは滅多にないのだから

釣れるときに大型の数釣りをする!

などと、息巻いている・・・


そんなことを言っているからバチが当たり

コブ鯛が兄に釣れる(笑)

DSCF6301 - コピー

↑この写真は途中経過ですべての石鯛ではない。

DSCF6298 - コピー
サザエの手持ち釣りは完全に鈎に乗せきるまで時間が長く

根気がいる。

特に、この日の当たりは底に走る物は無く

横へ緩く走っていくため、サザエを完全に嚙み砕いて乗っているのか

少し解りずらかったのである。


DSCF6303 - コピー

納竿一時間前に私は魚を締めなければならないので

重たいストリンガーロープを引きずり上げ

魚を締めに掛かるが、締めている途中に

兄は石鯛を追加していく。

結果、イグロー54にぎりぎり石鯛達は入りきり

もう写真を撮る気にも、なれなく全部で9枚だったが

その重量は氷込みで30kgは超えていた気がするのだが、

石鯛爆釣は我々ではなく先週の底物師たちのことであった。


石鯛釣り入門ならば、これを揃えるべきだ! ③

ついに、第三話完結をアップしたいと思います。

ズバリ!最終兵器!

マキタ 充電式ハンマードリル

最近では各種色々なモデルが出ていますが、18Vの斫機能(ハツリ機能)付が

お勧めです。

えっ!?

入門編でそんなもん買えるかって?

買わなくても石鯛釣りは手持ちでできます!

はい

ですが、あなたがどんな磯に上げられるか?

素人であることを見透かされて遠投しか釣れない場所や

日本記録級が出た場所なのにピトンを建てることもできない磯に

揚げられるかもしれません・・・

もしかすると、前下がりの一枚岩のポイントで

道具を開く事さえままならない一級ポイントだったり

あぁ・・・  このままでは石鯛釣りが嫌いになって

折角買った竿もリールもメルカリ行になったり・・・

あぁ! ドリルさえあれば・・・



まあ、そんな訳で私は石鯛釣りを始めてから二年目で日立の

バッテリー式ハンマードリルを買いましたが

これはあかん奴でした。

今ならハイコーキと社名を変えてますが、

あの時のダメさ加減が脳裏に焼き付いていて

今ではマキタ沼にどっぷりと嵌っています。

メルカリなどで出ている14.4V仕様の中古を購入するのも

アリかもしれませんね。

これなら安く手に入るし

DSCF6261 - コピー
って、18Vのバッテリーが嵌っている?

そうです ちょっとだけ削って18V入れてみました。

バッテリーはマキタ互換品のウェイトレイを使っていますが

エネライフ製の互換バッテリーでも良い。


DSCF6262 - コピー
ここを削れば18Vバッテリーが入ります。

今のところ問題なく磯に穴を開けてピトンを建てています。

14.4Vの時よりもパワフルに孔が開けられます

三か所くらいの穴ならばバッテリーは100%を表示して

一体何本の穴が開けられるのか見当が付きません。

DSCF6263 - コピー



16.5mmの穴をダブルで開けて長孔にします

18パイのピトンが気持ちよく建てて横に揺さぶると簡単に外れます。

長孔は竿の向きに対して横に開けることが原則です。

って、書いてみたものの改造になるのであくまでも自己責任で

お願いします。

まぁ、18V使用の新品ハンマードリルを買うことができない人には

お勧めしません!

やっぱり 改造なんて ダメです!!!






さてさて、

最近ではモノの値段が何もかも高騰していて

捨て錘を買う事さえ躊躇ってしまいます。

使わなくなった真空オモリもどっさり残っているが

今では天秤仕掛けに捨て糸結んで釣りしていますから

真空オモリは用がありません。

だが、これは宝の持ち腐れなのですね。

入門編ではないが

六角錘をコピーしてみました。

最初は石膏で型を取り流してみたのですが

中で爆発したり泡立ったようになり

簾だらけになり、しまいには石膏にひびが入ってダメになりました。

耐熱石膏を知らなかったのですね。

そこでネットで色々作り方を調べていると北陸の方にお住いの

動画サイトに辿り着いたわけですが

あらかじめお断りしときます。この記事は

石鯛釣り師がYouTubeに上げているものをお手本にして

記事にしていますので

誹謗中傷はやめてくださいね!

不景気な時を乗り切るための知識の並列化なのですから。



さて、六角錘の作り方のスタートです。

DSCF6266.jpg
27mm角の材料を使っています。

内角が55mm×85mmになるように枠を2枚作ります



最初は下枠に油粘土を面になるように埋め込んで自分の良く使う

号数の錘を半分だけ出るように埋め込みます。

ボールペンの先を流し込み用の穴に半分だけ埋め込みます。

四隅に鉛筆で深さ5mmくらいの穴を開けて

ズレ防止用の凹凸をつくります。

もう一つの枠を上に載せてからマスキングテープで合体させます。

旭化成ワッカーシリコンを120ℊカップに注いでから

硬化剤を3%(3.6㏄)注射器(ダイソーの化粧品用)で吸い取り

シリコンに混ぜます。 混ぜ棒で撹拌すると楽ですが

しつこく混ぜなければ硬化不良を起こしますので

念入りに撹拌します。

上からシリコンを流し込んだら水平な場所で硬化させます。

硬化剤が少し多めになると二日くらいで固まりますが、

ぴったり3%調合すれば、10時間くらいで固まっています。

DSCF6267.jpg

相方の型を作るときには剥離剤を塗ってからシリコンを

流し込んでください。

2枚できましたら、カッターナイフで枠から切り離しますが慎重に刃を入れてください。

シリコンは簡単に刃が入りますからね。

クランプで掴める範囲の厚さの木の板で

サンドイッチにしてクランプでしっかりと掴んでから

バーナーで溶かした鉛を流し込みます。

DSCF6270_20230605115231a89.jpg


作業中は必ず扇風機で溶かしている鉛の蒸気をむこう側に

吹き飛ばしながら作業をしてください。

気化した鉛は有害です・・・

DSCF6277.jpg

バッテリー式なら電源要らずでどこでも作業ができる。

(最近の我が家はゴミ屋敷化しつつあるので気にしないでください)


DSCF6273.jpg
お玉の先を鏨(たがね)で叩いて注ぎ口を作ります。

お玉に目的の号数より多めに鉛を溶かしてから

注がないと失敗しますので注意してください。

DSCF6272_202306012359179a7.jpg

鉛が足りなくて失敗するのは、酸化している表面の鉛は

スラグになって量が足りなくなるからです。

つまり、溶かした鉛は100%循環できる訳ではありません。





私はアイの部分にはステンレス棒1.2mmで作りました。

必ず埋め込む側の先っぽは直角に折り曲げておくことが肝心です。

もしかすると、アイが抜けることが有りますので

抜け防止は必要です。

DSCF6276.jpg

30個以上作った時点で、ワッカーシリコンと剥離剤、木枠代などの

原価がペイ出来た筈です。





石鯛釣り入門ならば、これを揃えるべきだ! ②

入門編なのに大事なものを忘れていました!

遠投した時に厄介なのが根掛です。

スプールロック機構付きのリールならば中距離位なら何とか切れますが、

50mを超えるとラインブレーカー無しではメチャ疲れます。

DSCF6264 - コピー

私は濡らした軍手をはめて切っていましたが

濡らしていてもラインに軍手が焼け付いてたりしました。

その後、ゴム手袋をはめて切ってたりしましたが

下手するとゴム手が熱で切れたりしてこれもダメ・・・

遠投の上手な中部日本(三重県)の人たちに遠投専門の

天秤とかラインメーカー・ラインブレーカー・磯の選び方など教わりました。

あの時はありがとうございました!

で、これが良いのだと ↓
DSCF6265 - コピー

釣り武者製ラインブレーカー

値段は全く覚えてない・・・

3回くらい巻き付けて煽ることなく、じりじりと内輪を回して伸びを取っていくと

「ふっ!」と軽くなり簡単に切れるわけだ。

だが、これは18号のナイロンラインでの話で

22号や24号でやったことがないから

私には確実に切れるとは断言できない。

だが、無いよりはあった方が良いに決まているのである。

だから、22号より上のラインで遠投はしない方が良いと思う。





最初の竿選びは

シマノ 14翔石鯛525Hが断トツでお勧めである。

この竿は現在もカタログに載っているモデルで

私も愛用している竿です。

遠投用に50号鉛も振り切れるし、何といってもクチジロを対象にした腰の強さと、

浮かせに掛かるトルクも半端なく頼もしい一振りです。

四国で掛けた80cm近いタマミも楽勝でしたね。

ライトなクエ釣りもOKだし。

口金などのパーツがSUS(ステンレス製)を使っているので

錆が浮いてもバフ掛けすれば綺麗に元通りで

アルミやブラスの口金は割れたりメッキが剥がれたりで

後始末が悪い。そんなアフターケアを考えているシマノは優秀です!

この上位モデルになると口金などのパーツはチタンを使っていますが

最初の一本はやはり翔石鯛525Hが手ごろだと思います。

値段は最近値上がりしましたが、110000円でも値引き率が高い商品ですので

最初の一本は、これで決まりですね。

その後、慣れてきてお金に余裕が有れば

手持ち専用の竿などを増やせばよいかと思います。

リミテッドとかね。





リールは今年リリースされた

シマノ 23スピードマスター石鯛3000Tがお勧めです。

モデルチェンジされて、中身は上級機種と同じスペックになっています。

遠心ブレーキ付、ドラグ耐力12㎏、クリック付きドラグノブで大型化されてます。

もちろん、デジタルカウンター付きで、

純正ハンドルは芯間75mmハンドルだから、ゴメクサスの95mmパワーハンドル(¥4990)に

換装すれば巻重りもなくKAIKON3000Tよりもハイスペックになること間違いなしです。

ラインは22号を100~120mくらいは巻けます。

どんなフィールドでも対応できるリールですね。



とまあ、私に質問するとシマノしかお勧めしません。

最近はシマノしか買ってないのでD社、G社のことはよくわかりません。

悪しからず。

また気が付いたことが有ればブログアップします!!

石鯛釣り入門ならば、これを揃えるべきだ! ①

ちょっと質問を頂いたので、これを揃えると間違いないものをピックアップ!

磯靴です!

私は、10年前のゴアッテクスをまだ履いています。

釣行回数はグンと減りましたが、まだまだ使えそうです。

DSCF6233 - コピー
釣りから帰ると必ず食器洗い洗剤を薄めたもので中も外も洗います。

ワサ縛りして、ひっくり返した状態で干します

日陰干しですね

天日干しだと劣化が早まります。

渡船に乗り込むと20年前くらいのゴアテックス製の磯靴をはいた人を

今でも見かけますが、滅多に洗わないんじゃないかな・・・

なんか、すごく汚いの履いてるんだけど磯靴におけるゴア製は

耐久性がすんごく高い。

だから、値段が高くても長持ちするので永い目で見ると

ゴア製がお得ですね。

DSCF6234 - コピー
裏側は張替えできるんだけど、ピンが飛んでてもフェルトのお陰で滑らないから

まだまだ張替えの予定はありません。

それと、予備の新品を持っているのだけれど、生涯履く予定がないかもしれません。



防波堤などのコンクリート舗装の上ではスパイクピンが付いた靴は履かないようにしています。

トレッキングシューズでも滑らないし、ピンでコンクリ削って砂埃が舞い上がるのも嫌だしね・・・

浜田の波止で釣りしていると砂埃で目をやられることが良くあったな。





続いて、天秤かな

日本海では3点仕掛けが有利で根掛が回避しやすい。

DSCF6238 - コピー
最近での釣果アップと言うか、坊主無しは天秤仕掛けのお陰かもしれません。

なるべく、軽い天秤とワイヤー、鈎を選択することが釣果アップだと思います。

以前では天秤を作るにも太めのステンレスワイヤー使っていたのだけれど、

今は1mm線を小さく巻くようにしています。



DSCF6237 - コピー
遠投用にはスプリットリング#3でスナップサルカンを直付けして

六角錘を付けます。

スナップが開くか、スプリットリングが伸びて錘が外れる仕組みです。




DSCF6239 - コピー
ナツメオモリ10号のなかにパイプを入れてナイロン糸を保護します。

これは、堤防から提灯釣りするときに使っています。

底に落とすと、敷石などで瀬ズレを起こす場所では効果的で

捨て糸の三点仕掛けよりも当たりが出やすく、送り込みやすい利点があるのだけれど、

潮が飛ぶ時には三点仕掛けを使って錘を重くします。





ハンドプレッサーはベルモントのステンレス製で小型タイプがおすすめですね!

DSCF6259 - コピー
これは鹿児島に寄ったときに買ったものだが

小型で錆びなくて#37ワイヤーもスパッと切れる!

19本撚りの#41もパチン!と切れるし

3S~Sの3種のスリーブが圧着出来るので

釣り場に持ち込んでも邪魔にならないのである。

DSCF6247 - コピー



19本撚りや49本撚りワイヤーは手巻きが不可能だし

7本撚りワイヤーでも手巻きよりは楽で強度もある。

私は最近横着になり

7本撚りもスリーブ止めで釣りしている。

超大型石鯛が来てないせいだろうか、まだバラしてないので

当分はスリーブ止めのみで釣りするだろう。




DSCF6244 - コピー
ピトンを打ち込むときにはアシストハーケンが便利なのだが

誰かが開けてくれた穴には鉛を入れてピトンを打ち込むには

鉛はもったいない!

そんな時にはコンビニでもらった割り箸か竹で作った

キャンバーがエコだと思う。

只だからね。



また、気が付いたものが有ればブログアップします



チタンリング

私は自他ともに認めるチタンオタクである。

ただ、どこかのブルジョアみたく「64チタンでなければチタンに非ず!!」

なんてことは言わない!

純チタン=安い?

64チタン=高い?

配合が難しい?とか 硬くて加工が難儀である?

これは分かるが、引き抜き材などのプレーンな状態で購入しても高いのは

納得がいかないのである。

64チタンは混ぜ物だらけでクロムやアルミなどの安いものが入っているにも係わらず、

これらをチャイナで作らせるとおそらくは純チタンより混ぜ物で膨らんでいる

64チタンの方が安く作ってくれるのではなかろうかと思うのである。

とまあ、チタンは不思議な金属で海水や酸などにも強くて軽い金属だ。

この度、アマゾンでキーホルダーなどに接続する

チタンリングを検索していると発見!!

試しに32パイを8個購入してみた。

DSCF6217 - コピー
ストリンガー用にぴったりのサイズ!




発色させた物と無地の物が混在していたが

最初は発色させたものを頻繁に使っている。

このチタンリングはもしかするとβチタンなのかもしれないので

発色させた物は焼きが入ってて硬度があるのではないかと

勝手に思っているのである。

その理由は普通のチタンより重たいのだ!

私は普段からチタンの加工などを手掛けているので分かるし、

傷の付き具合でも判断が着くのである。

ヤスリを掛けてみれば本当の事が判るのだが

今はまだ謎のままにしておこう。

安くて錆びないチタンならば大いに歓迎で、

底物師に浸透すればと記事をアップしてみたのである。

ただし、アマゾンで再購入しようとしてみたら欠品中だったので

もう少し時間を置けば再発売しているかもしれない。

乗っ込み石鯛

先週も時化で船は出なかったが今週はなんとか出ることになった。

港を出てから船長は、用心深くうねりを観察しながら船を進め

無事、目的の磯へホースヘッドを押し付けた。

実をいうと、先週は港まで来てから風が強いので中止!

サザエを活かしておくこともできないので

冷凍庫に丸ごとフリージングしたものを予備餌として持参したのである。



今日も遠投場に降ろされるかもしれないと想定して、

ハイギヤの海魂3000にクインター22号を130m巻いてきた。

軽いカーボンリールのタナトルがいくら好きでも

ギヤ比が低い分手返しが遅くなり効率が悪いので

高価なアルミリールを持参した訳なのであるが

巻きの軽さはやはり精密なアルミリールに分がある。

おまけにチタンで自作している5mm厚の100mmパワーハンドルが

巻きの軽さに一役買っている。

DSCF6208 - コピー

サザエの活きが悪い・・・

殻の色合いで餌になる海藻を全く食べさせていないのが判る。

匂いを嗅ぐとドブ臭い・・・

割ってみると痩せこけて腸の部分が汚く、白身が痩せている。、

これでは釣れないかもしれないので

海水を汲み上げて新鮮な塩水を供給してやる。

仕掛けに絡みついてきた海藻もサザエの餌にちぎって与えてみると

サザエは美味しそうに食べていた。

たったこれだけのことで釣れる希望が湧いてくるのである。

DSCF6212 - コピー

今日は足場の良い方を兄が譲ってくれた。

DSCF6209 - コピー
このような足場で一日釣りをすると疲労は計り知れないが、

私は良く知っている。



最初に釣れたのは40cmくらいのコブダイ


当たりが出ているのだが喰い込みが悪い・・・

やはり、サザエの活きが悪いのが原因かもしれない。

釣り残ったサザエは壺焼きにする予定なのだが

ドブ臭いサザエは食べる気がしない・・・


次に、スレ掛でイシガキが釣れた。

ボーズ逃れの為にキープしておくが

イシガキは美味しいので小さくとも食べたいのである。



魚の目先を変えるためにベタ底仕掛けに変更して

ハリスを太く長めに代えてみた。

ベタ底仕掛けにすると当て潮の時には根掛が酷くなる。

が、今がチャンスと打ち返していると根掛をしたまま

当たりが出た・・・

ええぃ、ママよと合わせを入れると見事に鈎掛したのだが

どうにも根掛は外れてくれない・・・

少し時間を置き、魚が再度走れば外れるだろうと試みるが

やはり外れない・・・

天秤に直付けしているスプリットリング#3とスナップスイベル#6号は根掛の時には

必ずどちらかが錘から外れる筈なのだが

今回はどうにも切れないのである。

業を煮やし力ずくで竿を煽り

やっと天秤から錘が外れて無事魚を引きずり出すと

これが結構引っ張りまわす・・・

根掛を切る方で体力を削がれると

魚の引きが強烈に感じる!

初めての体験だ!

否、まるで素人釣り師に戻ったような気分である(笑)

がはははは!


DSCF6213 - コピー


お腹パンパンの銀ワサは白子が溢れていた。


DSCF6215 - コピー
もう、乗っ込み石鯛に入っていたのである。


美保関でサゴシを狙うが

珍しく子供の方から 「 釣りに連れてって~

折角の連休を広島の街で過ごすのは嫌みたいで

久しぶりにルアーオンリーで美保関へ、夜11時に広島から出発した。

仕事の都合で5月5日しか行ける日はなく

風向きやら波高などの天気予報と相談した結果が美保関であった。



我が家から210㎞、高速道路は夜間なので使う必要はなく

大方、4時間30分で到着した。

漁港にまだエギンガーが沢山残っており

短い西沖波止でルアーを投げてみることにした。

暗い時間帯にジグを投げても釣れる確率が低いので

シーバスを狙うが餌木で叩かれたポイントには

スレが残っているだけで、そう簡単にはヒットせず

やがて夜が明けてきた。



サゴシを釣るなら今が高確率であると

あの手この手で攻めまくってみるが

全く誰一人とバイトした様子もなく

南の風が冷たく正面から厳しさを増していく。

美保関は南向きの水道を釣る感じなので

南風が強くなると時化出して飛沫を被るのであるが、

サワラ・サゴシには絶好の条件だと私は思っている。

それは向かい風こそプランクトンが手前に押しやられ

プランクトンを捕食するベイトフィッシュも入ってくる計算で

それをフィッシュイーターが捕食しに集まる!

と、言う図式である。



これらは広島湾で沢山観てきた経験則だから

ほぼ間違いはないと思っていたが、

どうやら、ここ美保関では当てはまらないようだった。



南風を避けて恵曇港を目指したが

到着してみると途轍もなくバカ高い防波堤に様変わりしていた。

それでも何処かでジグを投げれないかと

先端辺りまで歩いてみるが大型のテトラがびっしりと

配置されていて絶望・・・

仕方なく又40km走り美保関まで引き返すことにした。



10時半を過ぎに帰ると大半の釣り人は消えており

左側の長い防波堤でジグを投げることができた。

中学生になった息子は与えた道具が気に入ったみたいで

真剣に投げ続けているがまだまだ飛距離が伸びず

魚との距離は縮まってはいない。



ジグをローテーションしながら投げていると

マキッパ40gでやっとヒットしたが

ジジッ!!とドラグが出た瞬間、FGノットから切れてしまった。

ロッドにセットするときにパーマを解き、無理やり引っ張って

解いたのが原因でノットが弱っていたのだ・・・

あぁ、なんてつまらないミスを犯してしまったのだろうか。

恵曇まで往復80kmして帰ってきたのに・・・




だが、時合いに入ったはずだ!

お隣さんもサゴシをヒットさせた 今からだ!

今からだ! 今からだ!

今からだ!

・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・

と、釣り人生はそれほど甘くはなくノーバイトの時間が。しばらく続いた

DSCF6197 - コピー
波止の先端に移動して息子はルアーを投げ続けている。

朝方よりは10m以上飛ぶようになり

大体40mくらいは投げられるようになってきた。



作業用のラバー付き手袋をしているおかげで

PEラインを掬っている人差し指は痛くないようで

ロッドのグリップも滑らず体力を奪われなく

軽快にジギングできているようだ。

DSCF6196 - コピー
手前までルアーを回収する寸前までジグを泳がせるため

前かがみになってリーリングしているのだが

海に落ちはしないかとハラハラして見ていたが

まあ、ライフジャケットは装着しているし

大丈夫か!

まだまだ伸びしろが沢山あって

親バカは妙に期待するのである。



結果 坊主だったが

また、ここに来てみたいと思える美保関だった。

久しぶりに遠投石鯛

船を出せるかどうかわからない天候だったが

何とか出船できた。

うねりが残っている為、

いつもの釣り慣れたポイントは

他の3人組が陣取り、

我々はワンドの奥まった如何にも

サブ的な釣り場に上がる。
DSCF6190 - コピー
こんなこともあるんではないかと14翔石鯛525Hを

遠投用に持ってきていたのは正解だった。

ただし、リールはいつものタナトル3000番に

バリバス22号だから遠投には不向きなのだが、

どんな条件下でも釣りは成立させたい。
DSCF6189 - コピー
カゴ釣りのMさんが一緒に上がりたいとご所望されたので、3人で瀬上がりした。



ドリルでピトンの穴を開けてから竿受けをセット

どこに上がるか分からない時にはドリルはすこぶる重宝する。



兄はプレシオの純正穂先をセットしてから

35号捨て錘仕掛けで中距離を攻めている。

しばらくすると当たりが出始め手持ちで送るが

なかなか喰い込んではくれない。



私は沖の砂底からズル引いて根の始まりを探している。

こちらも暫くすると当たりが出始めるが

送りしろをうまく取り切れず

喰い込みにまでは至らない。



時間が経ち、兄が最初の一枚を掛けた!
DSCF6191 - コピー
水温の上がり切らないこの時期ならではのストロークの長い、

いつ走るのか分らない送りシロの当たりだったが

北陸で修業を積んだ兄には造作もないことだった。


まさにこの辺りがサザエで修業を積んできたものとの

違いがハッキリと出る為、負けを認めるべきだろう。



この一枚目の写真を撮っているときに

私の竿にも行きそうな当たりが出始める。

慌てて構えに入ったときには一気に竿を絞り込み

バッチリと合わせが決まったのだが

兄の様に送り込みの駆け引きをしてから

合わせを決めたかった・・・



益々、腕の差を気にしてしまうのである。



その後、潮は入ってきたり止まったりを繰り返し

退屈な時間が続いたが10時30分ごろに又しても兄が

「当たりが出だしたね・・・」 と呟く

先程と同じような送り込みを繰り返してから

2枚目の閂を捉えた。

もう、写真を撮っている余裕はなく、

魚をこちらが締めて鱗と腸を抜き、

帰宅してからの負担を現場でこなすことにした。

3枚の石鯛を処理しているともう釣っている時間は

無くなり回収の時が来た。
DSCF6193 - コピー
シーズン初めの石鯛は脂の乗りはなく

焼き物には不向きで

薄造りにしてからのカルパッチョが合う。

DSCF6194 - コピー

バルサミコ酢を付けながら食べると、

これがまた美味い!



今回はサブ的なポイントでも

釣れる事が判ったので

もう少し釣り場開拓してもいいかな、

と希望が膨らんできた一日だった。

ついに廃盤か?

カタログからカーボンリールが消えて数年が経つ。

廉価版のこれもまた運命であろう。

約40年前に誕生したカーボンリールは手入れが雑でも良かったのだが

現行のアルミニュームリールは高価なものだからこそ

手入れは怠れないし、傷を突けないように神経を使う。

DSCF6185 - コピー
現役のタナトル3000

是非とも気兼ねの要らないカーボンリールが復活してほしいものだ。






消えたM表示

私がこの竿を買ったのは26年くらい前だったような気がする。

石鯛竿では絶大な人気を誇っていたNFT最後のモデル。

で、廉価版だった。

釣具屋の店頭ではいつも売れ残るのはM表示の石鯛竿で割引率は4割!

確か、5万円くらいで買ったような・・・

いや、4万円だったかよく思い出せない・・・

DSCF6182 - コピー
まだ若くて体力があるのに、何故Mなどを買うのか?

と、揶揄されたが歳を取ってから使えばいい!

とまあ、そんな単純な理由で買い置きしてみた。

だが買ったものは当然使ってみたくなるので

実釣してみると体力が余っているせいなのか、

やはり物足りない竿に感じられた。

なぜ物足りないのか?

手持ちで送り込んでからの合わせを入れるまでの一呼吸がズレる為である。

それから魚を浮かせに掛かるレスポンスの悪さがハッキリと出てしまうのである。

4キロを超える銀ワサを掛けるとなかなか浮いてこない、

イコール魚の頭がむこう向きになりやすいのである。

悪いことばかりの様だが、置き竿にすればオートマチックに喰い込んでくれる利点はある。

そんな 510Mの石鯛竿だったが、歳を取った今ではこの竿がメインロッドになってる。

それは体力の衰えた今、この竿がとても体に優しく軽くて気兼ねがないからである。

あの頃の自分が如何に先見の明が有ったのか

年老いても永く石鯛釣りが出来るのか?

自画自賛の極みである。



ところで、最近のカタログを見てみると石鯛竿からM表示が消えている。

固さに於いてはMHが標準で汎用性に満ちているもの、

手持ち、置き竿、遠投とカテゴリー別にコンセプトが謳われている。

Hは口白用に分類され、口白の表示もある。

このように細分化されれば当然 Mは淘汰されるのも肯けるのである。

今、私がメインで使っている竿のコンセプト別でネーミングするならば

『 NFT PLA石鯛 510 SENIOR 』  かな?

石鯛釣り人口が高齢化し、減少した今では

M ロッドは貴重品なのだと思う。









日本海にて初物

いつでも釣りに行ける用意はできている。

筋トレを欠かすと釣行後は酷い目に合うので

仕事に支障をきたさない程度に筋トレを続けている。

ヘルスメーターに乗っかると体内年齢は50歳を表示している?

去年は45歳を示していたのに一気に加速しているようだ。

それでも実年齢からは11歳も若く示されている

私のことを唯一評価してくれているのはお前だけだ

タニタよ!!   ありがとう



さて、時化の日が3週続いたが

やっと、船が出せる日が来た!

石見海岸沿岸部では20kgオーバーのヒラマサが出ているが

ひとりで狙っても危ないだけなので辛抱していたが

沖磯ではデカマサはつれない

つまり、産卵に適している場所は

ヤリイカを腹いっぱい食べられる場所で

20㎏オーバーは居ないみたいだ。



ルアーを投げるかサザエさんを投げるか迷ったが

時化が少し残っている磯ではルアーを投げられる場所はなく

仕方なくサザエを選択する。

私はサザエが苦手でどうも釣れる気がしない

というか、兄と並んでサザエを使うと必ずと言ってよいほど

釣り負けるのである・・・

その予感は見事に的中して

DSCF6165 - コピー
素鈎を引いた次の打ち込みで見事にカンヌキを捉える。


いつもならコブ鯛が先に掛かる予定だが

この日は違っていた。


DSCF6166 - コピー

100mmのパワーハンドルに換装された旧型の海魂3000に

バリバスバーマックス22号でグイグイ獲物を引き寄せているので

いつもの57cmくらいの石鯛かと思われたが、

釣り上げて検寸すると、60.5cmあった。

シーズン初めに見る石鯛は実寸よりも大きく見えて

63~64cmはあるように見えるものだから

必ず57cmと言っておけば当たるのである。

DSCF6167 - コピー
だが、この日の銀ワサは65cmくらいに見えたものだから

ジャスト60cmかな?と言い

測ってみると60.5cmあり、納得のサイズであった。

DSCF6171 - コピー
破顔一笑

いままで撮ってきた写真の中で一番いい笑顔だ!

実をいうと3回取り直した写真だから腕の力が魚に持っていかれてて

助けて!の意が混じった笑顔なのである。


この後私の置き竿に70cmのコブ鯛が来たのだが

私にとって価値のない魚なので写真は撮っていない

まだ、石鯛は乗っ込みには入っていないが

シーズンに突入したようだ。

乗っ込みが終わり

なぜ わざわざ釣れる確率の低いワイヤーで釣りをしているのか?

ユーチューバー達は高確率で釣れる釣り方を披露しているのに?

最近ではやっと疑問に思えるようになってきた(笑)

私はナイロンハリスで石鯛を狙ったことが何度もある!

先輩方と同行して釣れない時合いが来た時には実験がてら

20号+25号ケプラー+14号鈎で足摺の一級ポイントである

新ヶバエをカラス貝の刺餌で試釣してみた。

本命ポイントには仕掛けを入れず離れたワンド寄りに撒き餌数個を打ち

殻付きで底取りすると立て続けに7枚イシガキが釣れた。

同行していたKさんは 「もうその辺でやめておけ!」

と、不機嫌さを露わにする。

この他にもナイロンだから釣れた経験は沢山しているが

同行者からお𠮟りを受けるには限界があり

ナイロンハリスは使わなくなっていったのである。

四国の石鯛名人、Aさんなどはこのナイロンハリスにハンドルドラグを駆使して

年間枚数は数百枚は釣っていたものと推察される。

数多く釣れる釣り方

ワイヤーを凌駕するもの

そう、ナイロンハリスは底物師の敵なのである・・・

兄の前でもナイロンハリスを使うとやはり不機嫌になる。

底物師達はワイヤーこそ正義であり、ワイヤーこそ対等な勝負なのだと信じているのである。



DSCF6122 - コピー
乗っ込みが終わり磯に残っていた54cmを兄が仕留めた写真

この日は一枚の釣果に終わったのだが

ナイロンハリスならもう一枚は釣れていたのかもしれない・・・





籠(かご)は役に立つ

やはり今年は石鯛の当たり年の様だ!

今行けば、腕など関係なく釣れるはず!!

だが、対馬暖流がガッツリ入ってきて美味しいベイトも周りにいるようで

サメが邪魔しに寄って来る・・・

ありがたくない話である。


この日は一見するとベタ凪のように見えるが

北からのウネリが有り渡礁できる範囲が限られて

石鯛場が少なかった。

おまけにサメが朝からカゴ釣り師達を悩ませている

仕掛けを回収している沖アミの付いた鈎を背びれを立てて追いかけているのだ。



こちらの石鯛仕掛けには今にも行きそうな当たりが出ているが、

走らない・・・

撒き餌で活性を上げ、やっと鈎に乗ってきたのはテンス(イラ)だった。

こいつらはサメが怖くない様で暫くはテンスの当たりが続いたが、

撒き餌効果絶大で、壁際に付いている石鯛が兄の竿をひったくっていった。

DSCF6102 - コピー

立て続けに2枚の本石を釣り上げ

ポイントを交代してもらう。

潮の向きや壁の有無で釣れるポイントは限られることは多い。

この日は右側が良い結果が出ている。



交代したポイントに仕掛けを打ち込むと

着底前からグイグイとえげつない当たりが出る。

まるで口白のような当たりだ!

ここで合わせてもかんぬきを捉えることはできない。

限界まで走らせて合わせようと試みるが

激しい前当たりで 何かがおかしい・・・


聴き合わせの様に竿を立てると魚は鈎に掛かっているが

根に仕掛けが絡み魚を取り込むことはできなかった。


気を取り直し再度仕掛けを打ち込むと

口白のベビーが釣れた・・・・

DSCF6105 - コピー

この後には私の大好きなイシガキのオンパレードが続いた。


DSCF6104 - コピー

ストリンガーも用意しているがこれらのサイズなら

籠に魚を活かす方が時短になり狭い釣り場では海に魚を落とす心配は減る。

しかも、サメの脅威からも逃れられる。

DSCF6101 - コピー

荷物にはなるが、籠は締めた魚を洗うにも役立つのである。

ウニで数釣り

 自分たちの休みには、いつも問題が付きまとう。

時化、出船人数がそろわない、餌が手に入らない・・・

  等々だ。

だからと言って休みを替える訳にも行かず

自由に休んでいたあの頃が懐かしい。

今行けば必ず釣れるのに地団太を踏むばかりであるが

台風通過でやっとチャンスが来た。

DSCF6097 - コピー

今日はビデオカメラを持ち込んでの釣りで、

釣れないときの奥の手は通用するのか?

ニュータイプのストリンガーは本当に使い勝手は良いのか?

イシガキを全て釣り切れば本石は出てくるのか?

っと、実験してみた。



ここのポイントは右に流れる潮が良いが左流れが最近では多い。

二人並んで竿を出すときは右側に分がある。

つまり、右側には石鯛が身を隠す根と壁が存在している!

潜って確認したわけではないが勝手にそう思っている。

何度も磯に通えば大体のことは想像がつくのである。

今日は不利としている左側で竿を出してみた。



朝一の潮は止まっている

今なら撒き餌は丁度良いところに入る筈で

二人の中間点に粗割のウニを10個くらい撒く。

本来このポイントには撒き餌は必要ない!

誰かが先に入って撒いているからであるが

流石に台風通過後には撒き餌は入っていないはずだ。



釣り始めて直ぐに当りは出るが喰い込む様子はない

潮は当て潮が緩く入りだした。

最初に釣ったのは兄だが30cm位のサンバソウだ

おかしい?イシガキじゃない?

この時期ではイシガキが数枚釣れてから本石が釣れる予定なのだが

今日は何かが違うようである・・・


魚も餌を拾ってない様でぺったんこだ。


予定通り左側のポイントでは魚の反応は良くない様で

仕掛けをナイロン20号+ケプラート25号+鈎15号、50cmで

底を這わす仕掛けに変更してみた。

私の持論では『警戒心の強い石物はワイヤーを嫌う』

これは覿面で小さな当たりを拾い見事に40cmの本石が姿を見せた。

それからも小当たりは続くがナイロンでもダメなようなので

ワイヤー#38+14号鈎、27cmの天秤付き捨てオモリ仕掛けに戻してみた。

すると、待望のイシガキが釣れる。

どうやら目先を変えることが釣果に繋がっているのかと思いきや

ただ単に時合いに突入していたのである。

それから10時までの間にイシガキ、本石8枚を釣るのだが

60石鯛は姿を見せず最大は50cmくらいの本石,

30cmに満たないものはリリースして二人で9枚の釣果だった。

DSCF6098 - コピー

ストリンガーロープに5カ所サルカンをセットしていたのだが

数が合わず一カ所に2枚魚をかけると余良くない事が分かった。

型が小さく数が出る時には籠に活かす方がどうやら良いみたいだが、

荷物が増えるのは頭が痛いのである。


DSCF6100 - コピー



今年もコシナガマグロは回遊しているようだが

気温30度を超える様な時期にはしばらくルアーはお休みして

石鯛・クエ釣りになりそうだ。

歳を取ると暑さがこたえる・・・

ウニで30~80cm 7枚

この日は良く釣れた1日だったが肩透かしだったのか

予定通りだったのかよく分からない1日だった。


何年か前には同じ場所で石鯛を11枚この時期に釣っているから

今年は当たり年なのだろうが

それにしてもコブ鯛が多く邪魔をする

デカいコブ鯛が居るとさすがの石鯛さまも

追い払われてなかなか餌に有り付けないようだ。

DSCF6084 - コピー
80~40cmのコブ鯛4枚  40cmと30cmのイシガキ

40cmのコブは2枚リリースして大きいコブは船長へのお土産用

その後もデカいコブ鯛を2枚掛けるが身切れしてバラしたのが

良かったのだろう イシガキが姿を見せ

私の鈎に掛かってくれた。

全てのコブ鯛は兄の竿に掛かり

私は労することなくイシガキをゲットできたのだが、

ポッパーを引きたくて石鯛竿を置くことにした。

残りのウニをセーブすることなく兄が仕掛けを打ち込んでいると

納竿30分前にサヨナラホームランが飛び出した!

DSCF6088 - コピー
60cmの本石が出た。

この魚は私が処理している間に兄に仕掛けを打ち返すように

促していると、まだまだ石鯛の当たりが出るが

そう簡単には喰い込んではくれなく納竿の時間が来た。

DSCF6089 - コピー
ベタ凪の澄潮は酸素濃度が低く魚の活性も落ちる。

の、筈だが海の中はこちらの予測を幾度となくすり抜けていく

だから魚釣りは面白いのである。

コブ鯛と60石鯛のツーショット写真はないが

持ち帰ったイシガキと本石の写真はこれだ↓

DSCF6091 - コピー
真子を持ったこの本石は滅茶苦茶うまかった。

今年の石鯛は体高が高く南方系でおそらくは

五島列島のDNAを持った種ではなかろうかと

推測している。



ブログの存在価値

ブログを始めてから12年目になる。

早いものだ・・・

時代の流れで言うと

今は動画サイトが圧倒的に面白くて

ブログはもはや時代遅れの感がある


しかし12年間ブログを続けてきて

色々なことがあった。

良いことも悪いこともだ。

悪いこととは振り返ってみたのち分かることで

直面しているときには当たり前とか比べようが無いことなので

そのときには悪いことではなかったのだと思う。

だが経験を積んだ後に判断できる事は多く

振り返るとやはり悪いことだったと思うのである。



何かを創造しては作り、欲しいと共感する人がいれば売る

まあ、価値観が合えばの話だったが

今は独りよがりでルアー作ったり

ギャフを作ったり

ロッドリメイクしたりの

平凡なブロガーになっている。

ブログには載せてはないアイデアもたくさんあるが

真似されるとオンリーワンじゃなくなるから

載せないようにしている。

つまり、簡単に真似できるアイデアなのだ。

こんなことを書くとなんてセコイ奴なんだと嘲笑されそうだ



大した目的もなく今もブログを続けているのには

理由が二つある。


今までため込んできた釣り道具の使い道だ

子供に受け継いでほしい為にブログを続けているし

自作できる道具の作り方を困ったときには

このブログで調べてほしい。

所謂、遺言なのだと思う。




ただ、このブログを完結させるにはまだまだ時間がかかりそうだ。









シン クエツリ

去年の夏は小アラ釣りを4度計画したが

我々の休み期間中には凪の日は訪れず

一度も夜釣りは叶わなかった。

夜釣りには2日間が必要で両日共が

晴れで凪でなければならない。

大型冷凍庫の中にはいつでも小アラ釣りに

行けるようにイカの買い置きがスットックされているのだが

晩飯のおかずに出される時があり

数が足りなくなる、

マーケットに出向いた時には剣先イカが

鮮魚コーナーに置いていないか、

特売されていないか 

この時期にはいつも気を付けている。




いつも通っている釣り場は

只今イサキ祭りが行われているため、

一日前の渡船予約では船に乗ることができない。

仕方なく他の手段を考えると

チョット早いが小アラでも狙うかね?

てなわけになった・・・



慌てて道具を用意すると

コルトスナイパーXR 100XH3と

AR-C100MH(改)のバットだけがスワッピングされたものを持ってきてしまい

結局ショアジギができなくなり、

残りの石鯛竿とイサキ仕掛けだけで二日間を過ごす羽目になった。

自分でガイド換装した竿はデザインが似たようになり

間違えやすいので いつもは細心の注意を払うのだが

やっちまいました・・・・・




夜の風向きとイサキが釣れるポイントを計算して

波止の東側に乗ることに決める。

DSCF6063 - コピー
私のポイントは沖合40mに仕掛けを放り込み

着底後 敷石の際までズリ寄せ当たりを待つ。


DSCF6064 - コピー
兄はワイ潮の入る足下を狙う。


DSCF6065 - コピー
兄にプレゼントしたチタン製竿受けは石鯛との併用型。

ステンレスで昔に作っていたものを再びチタンで再現してみた。



DSCF6066 - コピー
これが私の最新モデルでローダウンスタイル。


DSCF6072 - コピー
間違いで20Kgオーバーが来た時のためにロープギャフを用意するが

現場で写真を撮り忘れたため家で撮ったものをアップしています。

これはチタン8mm径を1m20cmでカットしたものを

両サイド グラインダーで尖らせ

バーナーで炙り曲げてから

もう一度ヤスリで先を研ぎ直ししたもですから

誰でも作れるギャフです。

ロープ径は7mm以上を使わないと

波止や磯の角で擦れた時には危険が伴う。



夜の帳が降りるまでイサキを釣る


二人で16本釣るがクエの餌にはもったいないから

中型のアジとイカで仕掛けを打ち込む。


何かがアジを盗りに来る


最初は東平アナゴかと思っていたが

大きなアオリイカが犯人だった。

25時まで粘ったがクエの当たりはなく

今回はイサキだけで終わった、


小アラ釣りはまた次回 持ち越しである。

インナーバット

ご質問がきましたので お答えします



クエ竿のアンダーバット補強にステンレスパイプを

石突からリールシート部までカーボンロッドの中に

入れて補強します。

カーボンロッドはテーパーがついていますので

リールシート部の辺りできつきつな物を

旋盤で加工するか市販品を選んで

ロッドのお尻から挿入します。


接着剤は必ずエポキシ樹脂を使用してください。

5分間硬化型は使用しないでください。

ガイドを取り付けるときのスレッドに塗る

マタギのエポキシを使用してください。

ロッドの内面とステンレスパイプの外面にたっぷりと

ぬりぬりしてから挿入してください

樹脂が偏りして接着してなく曲げるとカタカタ

音を発てると失敗なので

エポキシを塗るときは慎重にたっぷりとがコツです。


ステンレスパイプの肉厚は1mm以下の物を使用します

厚物をを入れると重たくなるばかりで

意味がありません。

アルミパイプでもOkです。

アルミパイプなら1.5mm厚でも構いません。


インナーバットはリールシートより下に受ける

竿受け用の補強です。


リールシートより上に受けがくる

板バネ式の竿受けにはインナーバットによる

補強は必要ないと思いますので。

どのような竿受けを使うかよく考慮して

改造して下さい。

改造する際には石突を切り落としますので

新しいものを用意してください。

では、頑張って!!

ハンマードリル

磯での大物釣りには欠かせないのがハンマードリル!

バッテリー式が登場する前にはエンジン振動ドリルなるものが有った。

以前所属していた釣りクラブにはリョービのエンジン式を所有している

猛者がいたのだが、五島列島宇久島の古志岐三礁に

よく通っていた時には大変重宝した。

ただし混合ガソリンを車に乗せて移動の際の

車内は当然 禁煙! 火気厳禁!だった。

私は28歳で禁煙していたので別段苦にはならなかったのだが

所有者のFさんはこのエンジン式がお気に召さないようだった。



それから日立の12Vニッカドバッテリー1.2Ahのハンマードリルを

私が購入したが12.5mmの穴を開けるには力不足で

下穴8mmを開けてから本穴を開けるようにしていた。

しかも予備バッテリーを必ず持参しなければならず

余分なバッグが必要だったのである。

今はマキタのリチウムイオン電池14.4V 3Ah仕様の

ハンマードリルを使っているので軽量化できたのだが

固い岩に穴を開けているとドリルの調子が悪くなってきたのである。

ドリル本体が悪いのかバッテリーに問題があるのか

良く解らずネットで容量の大きい互換バッテリーを

購入してみたのである。

DSCF6076 - コピー

右側のテンハット社の14.4V 6Ah 2個セットで5千円ぐらいだった。

マキタ純正なら1個売りで13000円くらいはするのだが

こんなに安いのなら騙されたつもりで購入してみると

ドリルの調子が抜群に良くなり

12.5mmの穴が無限に開くではないか・・・!!

なんだ、バッテリーに問題があったわけだ。

ただし、互換バッテリーは充電中に

発火したとかの問題点が起きているので

マキタ純正の急速充電器では充電せず

互換品の低速充電器(3.5Ah)でチャージしている。

3.5Ahで充電すると充電中の発火は防げるようなので

予防策として互換充電器DCRFを使うようになった。

DSCF6067 - コピー


しかし、5千円で2個?

しかも6Ah?

専門の放電計測器で測ると6Ahはないと思うが

それから調子に乗ってアッコーパワー社の

14.4V 9Ah 2個入り5千円を買ってみたのだが

これは明らかに9Ahは無いと思うくらいの

電池の減り方だった。

DSCF6075 - コピー
テンハット社の充電が終わると

最終電圧は16.5V

なるほど だからハンマードリルの調子が良くなったんだ!

18Vのバッテリーを14.4Vのドリルに使うと馬力が上がると

ネットで見たことがある

ただし、バッテリーを挿入する部分にツメがあるので

普通は18Vバッテリーは入らないので

この部分をニッパーで切り落としてやらなければならない。
DSCF6080 - コピー

これを落とせば18Vバッテリーが挿入できて

18Vのドリルよりもパワフルになるそうだが

自己責任で改造してくださいと

改造系ユーチューバーがおっしゃっていました。

私じゃありませんよ!


DSCF6079 - コピー
4000番のリールと並べると

ハンマードリルの大きさが良く分かる。

重量は大体2Kgだが電池が1個あれば

遠征釣りに対応できる。



DSCF6078 - コピー
打撃棒を持っていればハンマーで直接

アンカーの内玉を叩かなくてよいので

その気になればハンマー要らずである。

イルカの狩りに邪魔されて

連休中は大勢の釣り人が押し寄せるため三日前からの

予約では間に合わず、断られることも多々ある。

これは渡船予約の話ね。



今日は連休が明けてからのベタ凪予報で釣り人が多く居たのだが、

目的の磯に上がることができた。

ただ、経験則で言うならば

ベタ凪の日には石鯛を釣っていない事は多い。



私は餌が手に入らなかったので自作のポッパーと

ペンシルのテストを行う。


道具を用意していると磯際にやや大きめの魚影が二つ

大きな波紋をたてる。

シーバスかな?

ベイトが居る証拠だ。

急いでロッドを組みたいのだが足元が狭く

イグロー72をハーケンで壁に吊るしたり

ロッドケースを滑り落ちないようにハーケンで固定する。

これらの段取りが優先なのでルアーをセットした時には

シーバスはもう居ないのである。



石鯛狙いの兄は1投目から当たりが有り

前回の再現の様だ。


沖合にナブラが立たないか意識しながらポッパーを引いていると

3m級のイルカがジャンプ!

3匹並んで見事なジャンプ!

ベタ凪の海にポップ音がどうやらイルカを

呼び寄せたようである・・・

暫く見とれていると12~13匹の群れのようで

赤ちゃんイルカに狩りを教えている様子だった。



イルカが近くにいると何も釣れない・・・



トップを諦めPE1.5号を巻いたツインパ5000XGを用意する。

根魚を意識したリグに切り替え底をねちねちと探ってみると

大きくはないが頭をクンクン振って抵抗する魚がヒット

真鯛ではない アコウでもない 

シオ(カンパチの幼魚)なのか?

それにしても引きが弱い・・・

少し強引に寄せていると身切れを起こしてフックアウト



イルカの狩りは終わりナブラは姿を消した


兄の石鯛仕掛けは着底前から当たりが出だし、

石鯛ではない雰囲気が漂いだした。

DSCF6053 - コピー
「アッ!!  デカい!!!」

兄がシャウトする。

スムーズなポンピングで浮かしているようなので

中型のコブ鯛だろうと予測する。

DSCF6054 - コピー
ホンダワラを巻きながら魚は上がってきた。

70cm枠の玉網ですくい取りストリンガーで泳がせるが

すでに弱っていた。

この磯は狭いので玉網は常に用意しておかなければならない

おでこのゼラチン質は絶品らしいので船長にプレゼントした。

浜田の廃業した元船長もこの魚を欲していたので

差し上げていたが、活きていれば2~3万円で取引されるらしい。


DSCF6055 - コピー
デジタルスケールを持っていたので計測すると8kgだった



私たちはこの魚の料理法を知らないので

惜しみなくプレゼントする。


それからトップを引いて誘い出しするが

何事もなく時間が過ぎていく。

手ぶらで帰るわけにはいかない

ライトタックルでナッツジグ45gのスピンテールチューンで

やっと先程と同じ引きをする魚を掛けた!

今度は丁寧に魚を引き寄せる。

ここで やっと魚の正体が判った!

この引きはイサキだ・・・

身切れしやすいのでだいじに大事に寄せて

馬鹿でかい玉網でランディング

DSCF6056 - コピー

「いや~・・・   ボウズ   免れ・・・  」

手ぶらでなくてよかった

失笑。

DSCF6058 - コピー
自作のポッパーで釣るには まだまだ時間が掛かりそうである。







サーフェイサーを塗るべきか

最近では、ほぼポッパーばかり作っている。

DSCF6047.jpg
この写真は旋盤で削り出した素材へ直にエポキシをコーテイングしてから

ラッカーシルバーをサーフェイサーの代わりに塗装している。

というか、省略してのエポキシなのだが

エポキシの調子が悪いと、シルバーの塗装面は

ムラが出たり、傷がもろ見えになる・・・

最初のころはこれでも構わないと思っていたのだが

ドンドン回数をこなしていくうちに

気に入らなくなってきたのである。

エポキシにペーパーを当ててからのシルバー塗装は

一旦、傷が無くなったように見えるのだが、

この上に仕上げのエポキシを2回コーテイングすると

レンズ効果も相まってムラがはっきりと見えてしまうのである。



旋盤機で回しながら#600ペーパーを掛けると

ツルツルで指先でなぞる感触は申し分なく

エポキシを塗らずに直にラッカーシルバーを吹き付けてみることにした。

『オイオイ!?サーフェイサーをすっ飛ばして直吹き?』

なんて疑問符が聞こえてきそうだが

これが意外と綺麗な仕上がりになったのである。

DSCF6048.jpg

お腹のアイの根本にはレジンを充填したのち

そのまま硬化させているので

盛り上りは隠せないが

なかなかの出来栄えである。

やっぱ旋盤様様だ。

ただ、バランサーの為に入れる腹のオモリはレジンで硬化させてからの

削り出しなので少し手が掛かっている。

DSCF6049.jpg
サーフェイサーを塗る為にエアブラシを買ったのだが

まだ、エアブラシの出番は先になりそうだ。


DSCF6050.jpg
カップの堀も機械加工ならではの出来で

彫刻刀でチマチマ彫っていた努力は

何だったんだろうね・・・

深堀しているので吐出量が多く非力な私でも

見事なスプラッシュをたてた。

DSCF6051.jpg
ポッパーは旋盤で削ったままの形が使えるので

仕上がりがとても良いが

磯で使うとぶつけないように かなり神経を使うのが

ウッドルアーの欠点である。

やっぱり銀ワサ57cm

今日は4月13日曇りのち時化

波高1.5m

春の日本海は乗っ込み石鯛にはまだまだ早くて、

釣れても お腹ぺったんこの石鯛だろうな・・・

と言う予想。

ルアービルドに熱中している吾輩には

石鯛様はまだまだ眼中にない。


石鯛にしか興味のない兄は今日も石鯛釣りに徹している。

DSCF5951 - コピー

一投目から何かが触ってきた。

餌盗りの少ないこの時期ならこの感触は

大いに歓迎で、次への期待が高まる。

なのだが、本命なのかただの餌盗りなのか

仕掛けを打ち返すたびに分からなくなるのだが、

兄は確信をもって打ち返している。



その隣で私は

試作中のポッパー180mmを投げ続けているが風が強くなり

波も高くなるとスプラッシュを立てるのもスキルが必要になってくる。

今回製作しているポッパーのコンセプトは

誰が投げても飛ぶ!

誰が引いても弾けるスプラッシュをたてる!

誰が使っても釣れる!


まあ、当たり前の目的なのだが

私に釣れるならば誰が使っても釣れる筈なのである。

兄は私にこう尋ねた・・・

「そんなに投げ続けてしんどくない?」

しんどくない?は疲れないのか?の方言だが

「楽しいのでつかれない」と返す。

そう、ルアーフィッシングにはキャスティングの技術が要求され

耐力も必要なのであるがショアジギングには

足元の不安定な場所が多く

耐力+バランスと どんな場所でも

ルアーを飛ばせるスキルが必要なのである。

コンセプトには無いスキルが必要なのだが

石鯛釣り場には背後が迫っていてテイクバックが取れない場所もあり、

狙う方向によってはバックキャストで打ち込んだり

左投げを要求されたりもする。

久しぶりに左投げをすると、左肩周りが筋肉痛を起こすのである。

私は若かった20代のころに遠投石鯛は左投を多用していた。

それは、右手でスプールをサミングすると

左には無い正確なコントロールができるのでよくやっていたのだが

よもやショアジギで左投をするとは思ってもみなかったのである。



やがて波が高くなり

足下を洗うようになってきたので

もう一段高い場所から竿をだす。

風がきつく冷たいので兄は崖の上によじ登り

風を避けながら食事を摂っていると

兄の置き竿は クン!とお辞儀をしたのち

ガツンと舞い込み戻ったのち又舞い込んでいる・・・

私は左手にルアーロッドを握りしめたまま石鯛竿に合わせを叩き込んだのだが

大事なのはステラである。

夢屋の12000番のスプールリングに傷をつける訳にはいかず

両手に竿を握りしめ仁王立ちの状態なのだ。

「お兄さん 早く降りてきて!!」

魚は見透かしたように釣り人の気配が消えた時

躊躇なく喰ってきた。

64歳の兄は慌てて崖から降りられず

「ゴメン!もう 取り込んで」

とにかくリールを優先して傷つけないように置き

石鯛竿をゆっくりとポンピングして魚を浮かすと

綺麗な魚体の銀ワサだった。

もう、やっていることが漫才のような漫画のような出来事で

二人で大爆笑だった。

DSCF5953 - コピー

私が釣りあげた魚だが獲物は兄のものである(笑)

我が家に石鯛を持ち帰り

捌いてみると フジツボを食べていたようで

全く臭みのない石鯛だった。

片身を我が家に頂き 握り寿司にしてみると

去年の秋に食べた不味い石鯛とは全く別物で

上品な旨さの寿司が出来上がった。

DSCF5955 - コピー

この写真は翌日に残った漬けの浄身を再度

握り寿司にしたものだが

二日目でも旨かった

ちなみに シャリの上にワサビをのせオオバの葉を四分の一に

カットしたものをネタに敷き 仕上げに粉山椒を適量降り掛けて

食べるのが我が家流の握り寿司なのである。




まだ、水温の上がらないこの時期でも

狙えば石鯛は釣れるのである。










エアブラシ買ってみたけど・・・

木工旋盤を作ってみるとルアーの加工が一段と楽しくなり成形が早くなった。

余分なルアーを作っては、バリエーションを増やしたくなるのはルアービルダーの性なのかもしれない。

あれ? 俺は、いつからルアービルダーになったんだ?

このブログは石鯛がメインじゃ?

まあ、気にしないで進めてみようか・・・



やっと冬の寒さが和らぎスプレー缶をお湯で温めてからの塗装も

解放されたのだが細かいペイントをしてみたくて

エアブラシをアマゾンで買ってみた。
DSCF5914.jpg
コンプレッサーは元々仕事で使うため箱に入れて保存していたのですが

これは2代目の奴で一代目はタンクのエア抜きを忘れたまま

放置していたため、水が溜まり穴が開き処分してしまった経緯があり

無駄な買い物ばかりしています・・・


しかしエアブラシ!

憧れでしたまさか3680円でフルセットが買えるなんて

だが・・・

買ってみた物の塗料や溶剤がものすごく高くて

とても買う気になれない

安いダイソーのアクリル絵の具は塗れない物か

ネットで調べた結果

どうやら塗れるみたいなので

段ボール紙で試し吹きしてみた。

0.5mmチップで何とか乗せることができたのだが

あまりしっくりこないのである。

0.3mmチップでは目詰まりしちゃいけないので

まだ試しては無いのだけれど

エアブラシ  使いこなせるにはまだまだ時間がかかりそうである。
DSCF5915.jpg








DSCF5888.jpg


あれから削り出したプレーン達は着々と色付けされて

1軍扱いのタックルボックスに入っている。

DSCF5907.jpg

フックを装着しては浮力検査


DSCF5876.jpg

私は何故だかポッパーで釣ったことがない。

ポッパーの後ろにはでっかい魚影は何度も出るのだが

なぜか見切られてアタックしてこないのである・・・

ポッパーに見切りをつけてペンシルに変えたとたん

ヒットするパターや、ジグに変えたら釣れるケースが

圧倒的に多い マッチザベイトなのはわかっているのだが、

これからの目標はポッパーで仕留める!

だな!
DSCF5909.jpg





意外と知らないやつがまだまだいるのには

ビックリした!

トレブルフックには取り付ける方向というか向きがあるのである。

かなり昔の鈎には向きがなかったのだが

カルティバがトレブルフックの向きを作り替えたのである

今ではこの作り方は常識になっているのだが

私のタックルボックスの中には

まだまだでたらめなトレブルフックが沢山残っています。

DSCF5891.jpg
お腹に着ける時にはYの字になるように装着。


DSCF5892_202203151510032b7.jpg
尾尻に着ける時にはYの字の逆に付けるのが正解!

DSCF5893.jpg
左が現行の形状で右が一昔前のトレブルフック

えっ!?

『別にどっちでも釣れるんだからどうでも いいじゃん!』

なんて言っている奴に限って

リールは左巻きでロッドは右投げじゃないと素人丸出しだよな(笑)

なんてこという奴がビギナーに多い

右投げ右巻き いわゆる利き手使いは素人でもへたくそでもなく

自分の体に有利な方法を利用しているだけの事。

単独釣行が多い人ならばセルフランディングの場合

利き手でネットやギャフを入れるほうが確実にとれるし

危険が少ない。

GTの名手  福井健三郎氏   

ヒラマサキャスティングの第一人者 田代誠一氏

この二人は師弟関係だが二人とも利き手使いである。

卓上木工旋盤を造ってみた!

オミクロン株が猛威を振るっている中、感染しては命を落とすことになりかねないので

今年の1月から巣籠&自作に徹していた。

毎日動画サイトを眺めながら 「あ~作ってはまずいよな・・・」

「こう作ったら単純で安くできるよな!」 とかなんとかブツブツ呟きながら

木工旋盤を造ることにした。

Kさんから返していただいたマキタの35年前の台湾製ボール盤を

改造するには忍びなくアークランドサカモトのグレートツールをバラしてみると

内径22パイのスペーサーを作るだけで旋盤に改造できることが解った。

偶然にも22丸のSUS304の部材が残っていたので

こいつのセンターに10パイのバカ穴を開けて両サイドからM5ネジをタッピングすれば

プーリーを介して10mmのシャフトを回して4ジョウチャックを回すことができるのであった。


ベッドも芯押台、刃物台もツーバイフォーの板90×38×2000が2本あれば作れるのである。

その他必要なものはアマゾンで一番安くて使えそうなものを注文して

我が家に残っているステンレスの板や丸棒を利用して作ってみました。

DSCF5840 - コピー
テーブルのステンレスシンクは古道具で以前買っていたもので14000円だった。

何かに使えるだろうと思い20年が経ちやっと使える時が来た。

レベル調整ができるので旋盤機にもってこいなのである。


DSCF5843.jpg
1500回転で回し鑿を軽く当てシュルシュル鉋屑が出る予定だったが

そんなに良い材料ではないので鉋屑は出なくて、ほぼ粉と粗目の粉が沢山出る!

このパウダーを吸うと体に悪いので集塵機を慌ててアマゾンに注文した。



DSCF5844 - コピー

サイクリーパー   普通の掃除機をつないでゴミを吸い取るのだがサイクロンで塵だけが

ペール缶に溜まり掃除機本体にゴミは98%行かないようである。


DSCF5845 - コピー
DIYで物を作れば必ずゴミが出るしパウダーになった粉塵は近所迷惑になりかねないので

こいつは大助かりである。

DSCF5846 - コピー

旋盤のチャックに触れそうになる

こいつに当たると大怪我は間違いなし!!

110パイの塩ビ管のジョイントを加工して半分に切って

チャックカバーを装着した

DSCF5847 - コピー
単純なカバーだが安全性はかなり高くて

めちゃめちゃ気に入ってます!



これらが出来たことにより、ウッドルアーを作ることがより一層楽しくなりました。

今は3月の初めでまだまだ寒く

屋外で塗装が思うように出来ないため、暖かくなってからルアーに色付けしていきたいと思います。

DSCF5850 - コピー

蛍光色を塗るための下地はエポキシを塗る前でも構わないので

白木のままアクリル絵の具のホワイトを3回塗っています。












DSCF5820 - コピー
ついでにロッドドライヤーの相方の受け台も新調してみました

SUS304 10マルが余っているので高さ調整が楽にできる

竿受け台です。
DSCF5821 - コピー

エポキシを竿に塗るときは必ずレベルを調整してから

塗るようにしています。

石鯛竿の外径は太い物から細いものまで4本継の場合

レベルが変わります。
DSCF5823 - コピー

今までは固定式の竿受け台の下に雑誌などを入れてレベルを出していましたが

これなら簡単にレベル調整ができる訳です。


DSCF5825 - コピー

ストリンガー③

あけましておめでとうございます



去年を振り返り いったい何枚の石鯛を釣ったのか数えてみると

たったの 8枚っだような気がする・・・

小さいやつも数えるのでこれくらいだろう

がははははhaaa!!






さて、ニュータイプのストリンガーをロープに繋いだのだが

今回気になる部分があり改善してみました。

DSCF5747 - コピー
この写真は新しいストリンガーを作る前の写真で、ロープ自体は

兄の物を借りて活かしていたのだが

ロープが細すぎてとても気になったのでもう一度作り直しです。



DSCF5815 - コピー
これは以前に作った自作ストリンガー

ストリンガー用のロープをストリンガーにしているので軽くて錆びないがハンガーは錆びるかもしれない。

ややこしいが軽い事と利便性を優先するとこの形になってしまったのである。

それから、ロープに絡まないと作りやすいを極めるとこうなる。↓
DSCF5817 - コピー
三つ編みのロープはやめて袋編みのクレモナロープ6mm径に半ステンレス製の

パワーサルカン#5/0を遊動で通すときつめなので意外とずれない!

魚同士で絡みにくい利点と軽くてコンパクト

サルカンとハンガーの結束はマリアの楕円スプリットリング#9で決まり!

DSCF5818 - コピー
なのだがこのスプリットリングはシマノのパワープライヤーでなければ開かないのが欠点であり、

長所なのだと思う

DSCF5819 - コピー
ビッグルアーを扱うにはこのパワープライヤーは必需品で石鯛釣りにももってこいなのである!

これを作れば遠征釣りの軽量化はばっちりなのである。

天才現る

最近では情報収取のためにネットを活用することは高齢者でも当たり前の時代になってきた。

キーワードを入れて検索すると必要以上の情報が手に入るようになったのだが、

昔から石鯛釣りをしてきた人間にとっては不愉快になる情報まで見てしまい

やるせないのだろうか?

それとも、自分自身を否定されているような気分になるのだろうか?

当の私も昔から石鯛釣りをしてきたのだが

「私が年を取り磯に立てなくなったなら、防波堤で落とし込み釣りでサンバソウを釣るかもしれないなあ」

とうそぶいていたのである。

だが、私はまだまだキャスティングでヒラマサやコシナガマグロを釣りたいし、

ワイヤー仕掛けで石鯛と対峙したいのである。

頭の固い釣り師はこのワイヤーに拘りナイロンハリスを嫌う傾向にあるようだ。




ウッドルアーを作る為、Kさんに貸していたボール盤を取りに行くと

Kさんはグラスソリッドにスピニング用の小径ガイドを取り付け

エポキシ樹脂を塗っていた。

何に使うのか尋ねるとサーモンを釣ると言っていたが

どう見ても波止からのカブセ釣り用にしか見えなかったのである。

「そういえば、浜田の波止でカブセ釣りで7枚石鯛釣ってたね」 と私が話すと

kさんは不機嫌になり 「五島の波止からでもカブセで石鯛を釣りに行く連中が居る」と返してきた。

「あぁ!それは広島のユーチューバーだよ バラシスタって言うハンドルネームで滅茶苦茶うまいよね!

あの細仕掛けで70オーバーも釣ってるし、すごいんだよね!」

と、褒めると

Kさんは更に不機嫌になり溜まったものを吐き出すかのように

「ああ言う釣りは○○じゃ!!」

と本音を爆発させた・・・

だけど、Kさんあなたが今作っている二本継の穂先はどう見てもカブセ用の穂先に見えるが

本音と建前が違わなさすぎないかと心の中で私は呟いた。

彼らはテレビ出演も果たした。

一躍時の人である!

そう、彼らは天才なのである。!!



さて、私がまだ20代のころにテレビ出演の話が合ったのだが

カラス貝を使った石鯛釣りだからと、没になったことを今でも覚えている。

それは、海溝を埋めてしまうほどの大量の撒き餌のイメージの悪さと

バフンウニが売れなくなることへの配慮からだった・・・


さてさて、釣りはドンドン進化していって

馬鹿にされていたものが価値を見出す面白い時代に進化していく

先の読めない時代へと突入していくのもやむなしなのである。













SICオーシャンガイドとアルミニュームハンドル

SICリングのオーシャンガイドが入荷したのでお店に受け取りに行くと

自分の計算していたお値段より高かったのでチョットびっくりしたが

中間マージンを取られるのは当たり前なのだろう。

でなければショップは潰れて困るのは消費者だ。

まあ、あまり気にしないようにして作業に取り掛かるのである。




いつもならばチタンKWガイドを買うはずなのだが

コロナ禍で私もダメージを受けているので

節約は大事である。

DSCF5689 - コピー
ガンスモークのフレームからポリッシュ仕上げのオーシャンガイドは

少し大きく見えてとてもカッコよろしいのである。

元のガイドを剝ぎ取る前にスパインをマーキングして置く。

安い竿には絶対の準備である。


DSCF5697 - コピー
続いてガイドの足元を鑢(ヤスリ)で糸乗りが良いように角を落として置く。

これを怠るとスレッドを巻きずらいのである。


DSCF5695 - コピー
フィニッシングモーターを買い替えたついでに

糸巻き台も新しく作り直してみました。

ガタガタ緩まないように作ったのでとても巻きやすいです。

ボビンテンショナーも100%自作で扱いやすいですが

糸の太さを変えるときはワンタッチではありません。


さて、これは銀糸を両端に入れてから下巻きを入れています。

下巻きは細糸です。

この上にガイドを直に載せて足を押さえるスレッド中糸を巻きます。

下巻きにエポキシを塗ってからガイドを載せると重量がかさむので

最近ではこの方法を自信をもってやっています。

ダブルスレッドの意味はガイドの足でブランクスに傷を入れないのが目的なので

この方法がとても理に適っているのです。

DSCF5698 - コピー
端末を引き抜くPEライン2号を途中から一緒に巻きます。

ぎりぎりでカットしてから引き抜くと仕上がりが綺麗で失敗がありません。

DSCF5711 - コピー
竿の末端部分でもスレッド巻きが楽なように設計しました。


さて、スレ巻きが終わるとエポキシ樹脂を塗ります。

下巻き部分にまで含侵するようにたっぷり吸い込ませて

アルコールランプで炙ればパーフェクトですが

手際よくしなければエポキシが硬くなってきますので気を付けます。

一度塗りが終わって、4時間後に半乾きの状態で重ね塗りしますと

密着度は完璧です!

剥離などは起きません。

DSCF5718 - コピー

エポキシを塗るときは下に新聞紙か段ボール紙を必ず敷いてから作業します

どんなに慣れても一滴二滴はこぼれたりしますからね。


DSCF5719 - コピー

これも新しく買い換えました

チャッキング力は抜群です

今までの奴は何だったんだろう・・・

早く買い換えれば良かったと後悔しています。


エポキシを塗り気泡をアルコールランプで追い出し

後は完全乾燥を待ちます。

12時間後には触っても大丈夫なのだが、

24時間後なら完全乾燥はパーフェクトです。

DSCF5725 - コピー

出来ました!

自分で仕上げたものはどんな大物が来ても破壊されることはありません!

絶対の自信があります!!


DSCF5726 - コピー
重量も343gでプラス1gで完璧です

ダブルラッピングなのに

エポキシにトルエン等の薄め液を添加してませんので

硬度も完璧です。




さてさて超大物との対峙が待ち遠しにのであります。



そういえばリールのハンドルを作り直す予定だったのですが

知り合いの釣り師が21ツインパ14000XGを持っているので

お借りしてハンドルを試しに08ステラに取り付けてみると

見事に合致するではないですか!?

DSCF5728 - コピー
80mmハンドルは巻きがとても軽くなり

重量も加算でいません

スピニングにおいてはチタンではなくアルミで決まりですね!!

ステラ100mmチタン製パワーハンドル

M5×0.5pのタップが手に入ったので

早速ネジ山をたててステラ12000に自作のハンドルを装着してみた。

DSCF5670 - コピー
おう!

ハンドルでかい・・

巻きは軽いが重量がかなり増えた・・・

DSCF5671 - コピー
無骨やね・・・

軽量化のためプレートの中をくり抜くか?

丸穴くらいじゃ軽くはならない・・・

それとも設計をやり直して

T5で作り直すか

ジョイント部分も円形で19丸でやり直すか・・・

DSCF5673 - コピー
見慣れると違和感はないのだが・・・

悩むね・・・・

DSCF5674 - コピー
石鯛リールは全て5mm厚のプレートに作り替えたため

材料がない・・・

注文するのもめんどくさい

板一枚でも1万円取られる時もあるのだが

複数枚注文しても1万円くらいで納まるときもある

相場が変動しててよくわからん・・・

まだ、5年はある。

じっくり構えて準備するか・・・

グラップラーtypeC S82H-3

子供と5年後の約束をした

高校生になったらキハダマグロを釣りに行く。

気の長い計画だが日にちが近づいてから竿を揃えようとしても

手に入らない事もあるのでボチボチと買い求めることにした。

新幹線に乗って相模湾・和歌山沖若しくは飛行機で沖縄宮古島などもありか?

そうなると3ピースの仕舞寸法が短いものが必要になるので

カタログとネットで調べてみると

モンスタードライブS86Hー3とグラップラーtypeC S82H-3が候補に挙がった

シマノTVを見ていると福井健三郎氏がグラップラーで55kgのGTを釣りあげていた!

もうそれを見るとモンスタードライブは万馬券でも当たらなければ

と、言う訳でグラップラーに目星を点けてネットで探してみるが

この55kgのGTの実績で品切れ状態だった。

そうか、ないのか・・・

5年後だから気長に待てば手に入るだろう と思い釣具店に予約を入れるつもりで出向いた。

店員さんが在庫確認をすると、倉庫に1本有ります!

え!? 

1年後くらいに手に入ると思っていたのに

今?なけなしの3万円を支払い家に帰り、その竿を品定めすると

ガイドがアルコナイトリングだった・・・
DSCF5653 - コピー

これはSICのオーシャンガイドに換装だな

トップガイド以外はアルコナリングなので6個購入すると7000円でおつりがくる。

DSCF5646 - コピー
カタログ自重は350gだったが実際の自重は342gだった。

石鯛竿などはカタログ表記より実際のほうが重いことが多いのに

意外だった。

何故量るのかって?

SICガイドに換装後の自重が気になるからです。

DSCF5654 - コピー
リールシートのステンレスはアンサンドフィニッシュで安っぽいから

青粉でバフがけしてポリッシュしたけど磨きようが甘くて光沢が無い

もう一度やり直しかな・・・


DSCF5650 - コピー
08ステラ8000HGに夢屋12000のスプール

だがハンドルは70mmの純正ハンドル

1時間を超えるファイトに耐えられるのだろうか不安になり

6mmの板で100mmのパワーハンドルを造ってみたが

5mmの細目ねじのタップが手に入ってないのでこれはまだ未完成

DSCF5652 - コピー

オールチタンで作ったが116gはいささか重たい・・・

リブレの98ハンドルは3万円

目方は軽そうだが値段は重い

5年後に向けて準備に余念はないが節約は大事だ!

DSCF5637 - コピー
ルアーも自作は進んでいるがペンシルはウエイトバランスが難しい

後ろのオモリを入れすぎると横方向の潮に影響を受けて上手く泳がない

後からチューニング出来るがシンキングペンシルになってしまう

まだまだデータは足りない

DSCF5648 - コピー

意外と簡単だったのはポッパー

どんなバランスのウエイトでも使い道があり

シンキングタイプなら背の高い波止や磯で威力を発揮する

軽くても足下の低い磯で十分使える

ただ、使えるが釣れるとは別物で誘い出しには使えると言うことで

キハダも自作のルアーで釣ってみたいものである。

チャイナモーター

去年マグロを釣るためにダイペンやポッパーの自作を始めた。

長年使ってきたフィニッシングモーターを利用してルアーを回転させながら

エポキシ樹脂を塗るのだが、このモーターは最初から性能が悪かったようで

買い替えることにした。

アマゾンで検索すると100V低速モーターが安価で豊富に並んでいたのである。

1分間に5~6回転するものを選ぶと、こちらの地域は60Hzなので6回転だった。

今持っているモーターはガタガタ軸ブレする粗悪品だが

今回購入したモーターはガタ付きはなくしっかりとしていたが、

電線の取り付けがお粗末で4個購入した中で1つはコードが抜けて

使い物にならなくなってしまったのである・・・

返品しようとしたのだが返事がないため諦めることにした。

その後1分間で6回転では速すぎることに気が付き

今度は、1分間に2~3回転の物を購入すると

ルアーを塗るのには適していることがわかった。

DSCF5589 - コピー
試しに120g平均のルアーを4つ回してみると

少し息継ぎしながら回るではないか!?

軸の部分に指でブレーキをかけて止まるのか確認すると

息継ぎなしで回っている!

なるほどトルクはあるようだが

過負荷がかかると反転するように作られているようだ

それならば軸部分にロープでブレーキを掛けてやれば

息継ぎがなくなるはずだ

そう 思った通りに回転は持続していたのである。

DSCF5584 - コピー
赤いコードのモーターは100Vの差し込みに問題があり

とても安かったがグラインダーで削らなくてはコンセントに差し込めないのである。

日本規格では無いのだろうと思う。

中国へ行ったことがないのでコンセントの形状は分からないのだが

多分そうなのだと思う・・・

だが難にしろ使える物が手に入ったことがとてもうれしく

作業能率が上がることが嬉しいのである。


ギヤのお話

人は自分の寿命について考えだすのは大体還暦を迎えるころである。

えっ?

還暦って何かって?

60歳ね!そう ジジイになるってことね!!

その還暦を迎えるころになると終活なるものを始めだす。

私はアングラーなのでゴミのような釣り道具を山ほど保存している。


いえいえ、私にとっては思い出深い釣り道具なので本当はゴミではないが、

私が死んだ後では遺族にとってゴミなのである。

本当のゴミにならないように物置をかたずけていると

ハンドルをもぎ取っては、使わなくなった両軸リールが4個出てきた。

二つは海魂EV3000と4000番、ほとんど新品に近い状態・・・

残りはオシアジガー2000の初期モデルのパワーギアに

新型海魂のハードブラスギアを移植して、ハイギヤに改造したものだが

ドラグ耐力が7Kgに設定してありこれを改造して12Kgまで引き上げようと

海魂の12kg仕様のカーボンワッシャーとスリーブを入れてみたのだが

何度計測しても7kgでドラグが滑り出すのである。

結論、見事に失敗!で散財したのである。

まあ・・・

ジギングに使えないわけではないのだが

興味を削がれハンドルももがれて放置されていたのである。

残り一つは30年以上前に購入した

DSCF5590 - コピー
チタノス スピードマスター石鯛GT3000!

なんとゴージャスな名前でしょう!!

アルマイト処理の錆びやすく重たい当時のリールから軽量かつ

錆びないカーボンとチタンの粉末入りのカーボンプラスチックリールの決定版として誕生したチタノス!

ギヤ比は1:5.2の当時としては両軸リールの常識を破る超ハイギヤ仕様だったのです!

その当時のコンセプトはロングストロークのポンピングに追従すべきハイギヤリール

として誕生したのを覚えています。

つまり、竿をリフトして浮かせた石鯛が根に入るスキを与えないハイギヤなのである。

四国の池田氏が開発に携わったリールだったような記憶・・・

う~ん・・・

ちょっと曖昧だな・・・


しかし、これ?30年以上前の設計ってすごくないですか!?

DSCF5591 - コピー
ちなみにハンドルは100mmのパワーハンドルに換装して

PE8号×200M巻き,泳がせ釣りに使えないか実験中です。

DSCF5592 - コピー
まあ古いリールだから当然オーバーホールしなくちゃ使えないのだけれど

バラしてみると、グリスの量が不足していたので

ベアリングにザルスリーオイルを吹き付けてから

ギヤ等の稼動部品にシマノ純正の白いグリスを塗ってオーバーホール完了

で、あることに気が付いたのである。

メインギヤとピニオンギヤがハードステンレス鋼でできていたのである。

これは今では考えられない組み合わせで

硬いものと硬いものを組み合わせると

どちらかが欠けたり折れたりオイル切れを起こしたときに

かじりつきや焼け付きを起こす可能性があるのである。

実のところこのスピードマスターは2台所有していたのだが

一台はギヤが欠けて無償修理してもらったことを思い出したのである。

その当時の私は26歳だったので、ギヤの材質が云々等ということはまだ知らない

無知な若者だった。


DSCF5593 - コピー

このスピードマスターの後続モデルとして誕生したのが

カウンター付きのタナトル石鯛GTであるのだが

メインギヤはハードステンレス鋼とピニオンギヤはブラスで組み合わせは改善されていた。

両者を並べてハンドルを回してみると

明らかにタナトル石鯛GTの方がスムーズでノイズが少ないのである。

このタナトルは今でも現役で30年使ってきたが故障もなく

実によくできたリールである。



もう造れないチタン製竿受け

メールを頂いたのでブラキオをアップします。

 ※ブラキオって首長恐竜のイメージから竿受けにネーミングしたものです

コンセプトは石鯛竿で狙うクエ!(アンダー20kg)かな

DSCF5559.jpg

全てのネジを装備して849g

アンダー1kg達成です。



センターネジ1本で固定できる

ブラキオ!

このセンターネジは10mm若しくは12mmが貫通する

バカ穴が空けてありますので

超大物が来たらいややなって場所にも対応しています。

M12は自分で用意してね。

DSCF5560.jpg

翔525Hを仰角マイナス10度で設定した位置。

う~ん・・・

アンカーに装着してみないと分かりずらいかな?

DSCF5561.jpg
こんな感じです!

波止で小アラ狙うときは竿先下向きの方がやはり喰いはいい!

何故かってぇ?

足音立てずに竿に忍び寄っても前当たりの時点で

離すことが多々あったのね。

気配を敏感に感じ取るし

夜釣りじゃべたべたの凪で、殺気伝わり安いと思うのよ!

時化てちゃ喰わないし

何度も鈎見てりゃスレる訳

竿先上向いてりゃ喰いは落ちるってもんですよ

石鯛竿の穂先ってホント柔らかいのに

なんでやろね??

DSCF5562.jpg

普通の石鯛竿にベストマッチする竿受けの長さ

油断していて舞込まれても竿受けから外さずに

ゴリ巻き出来る強さを誇ります!

リールのハンドル長は長いものに換装してね。

ゴリ巻きできないから・・・

DSCF5564.jpg

スパナは17ー13の物をお使いください

10mmネジは17番で8mmネジは13番です

SUSもチタンネジも8mmナットは13番スパナなのです

鉄ナットは14番なんだけどね・・・

SUSホーローセット(イモネジ)は10mmで5mmの六角レンチを使います。

DSCF5567.jpg
石突が入るこの部分は内寸52mmに仕上げてますので

ほぼ全メーカーの石突が入ると思います(入らない時には石突を削ればよい!)


チタン8㎜丸棒に切り込みを入れてから直角に曲げて

溶接していますからスペースの無駄がありません。

つまり、手間がが掛かっていると言うことです。

DSCF5568.jpg
前受は横ブレに対する安定感を醸すために10mmネジをダブルで装着しましたが

これは8mmネジでもよかったと思います。

強いに越したことはありません!

ははははっ

DSCF5569.jpg
仰角を起こすためストラットバーの位置を変えてみました

本来の設計はこの角度なのですがこれは磯向きなのです。

DSCF5574.jpg
この角度の方が分りやすいかな?

台座はチタン10mm厚のプレートを使っています

まあ、なんて贅沢なのでしょう(笑)

縦のネジ以外はチタン製です

これ

あなたならいくら払ってもよいですか?

最後のモデルです。


ストリンガースナップ

 サメに獲物を横取りされる海域では神経締めしてから

クーラーボックスに魚を入れることが賢明であるが

もたもたしていると魚の釣れる時合を逃してしまうこともある。

そこでサメさえ居なければストリンガーの出番であるが、

このストリンガーにも歴史があり

先人達はザイルロープなどを利用してストリンガーを作っていたが

腰の弱いロープではエラから口に抜くときにウニ通し等を利用しなければならず

使い勝手が良くなかった。

次にワイヤー製のストリンガーが出回り便利になったのだが

半永久的ではなく錆びた所からささくれてダメになっていく。

しかも、ステンレス製だから目方があり荷物になると思っているのは

私だけだろうか・・・


ステンレス棒3mmとかで作ってある

ストリンガーも持っているが邪魔なだけで

釣り場に持ち込むことはない。


DSCF5422 - コピー


今使っているストリンガーはナイロン芯にダクロンを袋編みされたロープを

ストリンガーワイヤーとして使用している。

とても軽いのだが

釣り場に持参することさえ忘れて

兄のステンレスワイヤー製のストリンガーを借りることもしばしば・・・

DSCF5420 - コピー


ストリンガーワイヤーの末端部は補修糸で巻き付け

瞬間接着剤で固めて

熱収縮チューブで補強して環状になっている

この形状は変えることができない

できないわけではないが簡単に作るには

これしかないのである。

この環を留めるにはステンレス製のスプリットリング(本当の名前が解らない)

30パイを使っていたのだが爪で開くときが痛かったり

海中で魚がよじれを起こして外れたりして

絶対の信用と便利さに欠けていた。

ステンレス製の小型シャックルとかクランプもあるが

プライヤーで開け閉めするのも不便である。

もっと軽くて簡単に開け閉めできるものはないか?

考えてみた。


最近ではルアーを作るときに貫通ワイヤー1.6mm線(sus)で

アイ(輪の部分)を巻き付けて作る。

これは使える!

これでマグロと戦うのだから強度は80kgはあるかもしれない

1.8mm線ならもっと強いが

手巻きの限界は1.8mmで2.0mmは上手く

巻くことが私にはできない。

クエ用のコークスクリューサルカンとして1.6mm線を巻いていたことが

ルアーを作ることに役立ち

その技術でストリンガー用のスナップを作ってみた

DSCF5410 - コピー


華奢だけどストリンガーは外れることもなく

魚は元気に泳いでいた。

石鯛のシーズンオフにはこんな物でも作ってみるのも

楽しいのではなかろうか?
DSCF5408 - コピー



ベタ凪のはずが

この前切られたモンスターにリベンジすべく

PE5号+PE15号(10m)+160lb(ナイロンリーダー)にスケールアップして

用意万端!のはずが

波0.5mと予報では伝えていたのに

うねりが残り釣り場がない・・・

おまけにジャンケンに負けて

一番最後の瀬上がりになってしまったのである。



左手には常連客がカゴ釣りで沖アミを投げ、

右手側には浮瀬釣りが沖アミを撒いている。

とてもじゃないけどポッパー引いてダイペン投げれる雰囲気じゃない。。。

もし投げれば港に帰ってからきつくお叱りを受けることになる!

もう、想像がつく・・・・

まあ、そんな訳で

二人は石鯛釣りに専念した。



本来はこれが当たり前なのだが

冬磯に入る前にモンスターを退治して置きたかったのである。



何やら本末転倒になっているが

この日は納竿間際に銀ワサが兄に釣れた。

DSCF5405 - コピー

今年の石鯛はそろそろ終わりかな

天気予報が当てにならないシーズンになってきたことだし・・・






逃がした魚はデカかった

前回はマグロを狙っていたのだが

外道でデカマサが釣れた。

デカマサを外道と呼んでよいものなのかは?

疑問であるが 自作ルアーで釣れた事は

追い風になる。




フィールドをいつもの釣り場に戻し

石鯛を狙うが釣れてくるのは小コブ鯛・テンスばかり・・・

今日は南の風が強くて時折飛沫を浴びる。

このまえのパターンを再現すべく

ステラ12000をロッドにセットして

自作のポッパー130gを投げてみる。

このままポッパーで釣れてくれればよいのだが、

30分くらいで飽きてきた。

DSCF5263 - コピー
前回トビウオのつもりで作ったモデルを

ベルトサンダーで削りサンドペーパーで修正してから

ダウンサイジングしたブルピンモデルを投げてみた。


向かい風で波が立ち転げてしまう

上手く泳いでくれない・・・

3投目、50m沖に着水後、手前20mあたりで

潜らせようとティップを水面に押さえつけて

リーリングしたとたん

左側から銀色のロケットがルアー目掛けて突進してきた

ピンポン玉くらいの目玉が見えた・・・

と言うより目と目が合った気がした。

余りの大きさに何が起きているのか

一瞬理解できず「ハット!」として

合わせを叩き込んだが次の瞬間

両手でなければ耐え切れない引きと

激しいドラグ音が鳴った。

竿は弓のように曲がっているが

このまま耐えていれば獲れる気がした

が、ふっ・・・

と  軽くなり獲物はどこかに行ってしまったのである。

130lbのリーダーには歯で切られた跡が残っていた。



飲み込んでいたのだろうか・・・

よもや歯で切られるなどとは思いもよらぬ結末だった。

GTを狙うときのようにリーダーの先糸にケプラー50号を

結束しなければならないのだろうか?

もはや後の祭りである。

「今のはデカかったね! 竿がひん曲がっていたよ!!」

兄が興奮したようにまくしたてた



化け物のような魚体がどこかに行った後には

石鯛竿に頻繁に当たりが出だし こいつが釣れた

DSCF5403 - コピー

着底を待たずして鈎に喰らいつき

プレシオをひん曲げた10kgオーバーのコブ鯛85cm

食べられる魚ではないので海に帰してやるが

ぷかぷか浮いてどこかに消えていった。

その後


イシガキ鯛を2枚釣って

この日は終了した。


やはり逃げた魚はデカいのである・・・






ショアマグロ ②

予約した前日、波1.5m 北の風10mのち7mと伝えていた。

磯からの釣りは無理ではないか?

不安を抱えたまま船長に出船確認の電話を入れると

「船は出ます 風裏のポイントになるかもしれません」

との事で夜7時自宅を出た。

高速代を節約するため、一般道をひた走り

信号機の無い山道を超え5時間掛けて港に到着。

マグロを仕留めた時のためにイグロー94と72に

たっぷりの氷を詰めたら重かった・・・


マグロ狙いにおいては単独釣行は有り得ない

必ず誰かのサポートがなければ魚を取り込む事はできない。

ギャフでさえ2本は必要と考える。

今回は10人のメンバーが集まり

4人、3人、3人の3か所に分かれての釣りとなった。


DSCF5316 - コピー

私のグループは高齢者3人と25才の若者1人のチームである。


島に到着すると目当ての磯は波と強風がぶち当たり

とても瀬付け出来る感じではない

半島になった風裏には歩きの先客が3人居た。


唐島に3人が乗る。

フカセ釣りの他の客は波止に全員降りる。

残った我々7人は他の波止に乗るのだが、

私のチームは4人でタッパーのある波止に降りた。

この波止の釣り場には大きなテトラが入り足場がかなり悪い・・・

魚を釣った人はポイントの独占はせず

交代する約束で適当にテトラに乗る。


DSCF5305 - コピー

向かい風の中ジグを投げていたA君に小マサが釣れた

場所を交代しましょうと申し出てくれたが

「そこは危ないから遠慮する」

と、早くもルールは破られた
DSCF5306 - コピー


ポッパーとペンシルは向かい風に弱い

アゲンストに打ち勝つには150gのルアーでなければ飛ばない

体力は奪われる。


一番釣れなさそうなワンド寄りのテトラでポッパーで誘い出しを掛けてみるが

釣れる気がしない


タックルボックスの中を物色して

一般には売られてない重心のルアーをセットして投げてみた。

今日は自作のルアーで勝負すると決めていたので

腹をくくり投げ倒す。


このルアーは実に面白い動きをする

3投目に手前15mくらいまでリーリングしてきたところで

潜らせると  『ヒット!!』

この重量感はマグロ?

思わず「マグロキター!!」

と叫ぶ。

皆が集まりランディング体制を整えてくれる。


魚の引きはかなりのものだが

何故か根に突っ込んで行く

沖へ一直線に走っていかない

あれ?この魚違うぞ??

違うぞ??

マグロじゃない・・・

あぁ   ヒラマサだぁ・・・

頭の中で少し落胆する。

強引にポンピングして浮いてくるとやはり ヒラマサだが

あら?

メーターオーバー?

もう なんでもいい

自作のルアーで釣れた事が何よりも嬉しかった。

DSCF5312 - コピー
記念写真を撮っていただき

スケールで測ると102cm有ったが

港に帰って計測すると1mジャストに縮んでいた。

マグロと勘違いした魚はデカマサだったが

目方はそれほどなくスレンダーな魚だった。

DSCF5310 - コピー
私の笑顔は見苦しいのでモザイクを・・・

皆と魚肉を分け合い

二日目に刺身でいただくと

凄く旨かった。

今年中にもう一度マグロにチャレンジできれば良いのだが・・・




自作ポッパー180

あれからボール盤をもう少しチューニングして

あれこれ30パイの米ヒバを削ってみた。

割と目が詰まっていて

ささくれ立ちが少なく加工しやすい材質である。

DSCF5245 - コピー
おなかに丸玉オモリ1号を2個並べ

お尻にはナツメオモリ3号を入れてみた

DSCF5248 - コピー
実釣においては、蛍光ピンクが

一番動作確認しやすいカラーである

マリア ポップクィーンをお手本に作ってみた。

DSCF5286 - コピー
カルティバST56 #2/0を抱かせて

海水に浮かべると丁度よい姿勢だった。

真水を入れたバケツの浮力テストでは

これよりもっと下に沈んでいたのだが

海水と真水では違うのだと認識する。


DSCF5251 - コピー
ジャストエースの新しいボトルのエポキシ樹脂を

塗ると弾いてしまいぼこぼこになってしまったので

ティッシュでふき取り乾燥後に

ペーパーを当てて再度古いタイプのエポキシを塗る。


粘度を落として気泡が入らないように

なっているニュータイプのエポキシは

良くない。


以前のアルコールランプで炙り気泡を飛ばすタイプの

エポキシがやはり扱いやすい。

ジャストエースには苦情を入れたい!

DSCF5266 - コピー
塗りなおして奇麗になったからよかったが

低粘度のエポキシには参った・・・

まるで東邦化学のエポキシと同じである。


DSCF5253 - コピー
削ってラッパみたくなってしまい

あまり気乗りしない形になったのだが

仕上げてみると

なかなかどうして

いいんじゃないのを?

DSCF5296 - コピー
って、今はこれが一番気に入ってる。

DSCF5302 - コピー
カップの形状も愛嬌があっていいかも

まだ動作確認はしていないのだが

ぶっつけ本番で行ってみたい。



まだまだ他にも作っているのだが

限が無いので自作ルアーはこの辺で

終わりにしませう。



自作ダイビングペンシル

米松の端材で製作が始まったダイペン200

目標重量は100g!

腹割してからウエイトを埋め込む穴を開けてみた。

DSCF5043 - コピー
大きな穴はエポキシボンドで埋める予定だったのだが

5分硬化タイプでは時間が足りなく

手にベタベタ着いたりして心が落ち着かない・・・

ネットでアレコレ調べているとボンディックなるものを見つけた!

UVライト照射4秒で硬化する優れもの!!

しかし、量がちょっぴりで割高・・・

またまたネットで検索しているとUVレジンを発見!

これはかなりお得です!!

両方買ったりしていると8000円位かかってしまった・・・

こんなことなら最初からシマノのルアーを買ったほうがよかったと

後悔するが、自作のルアーでマグロ釣れたら

どんなに幸せだろうか!

自作はに関しては後戻りできず前に突き進むことにした。


DSCF5055 - コピー
お尻に1号の丸玉錘2個ぶら下げて丁度よい前傾姿勢を摂ったのだが

前よりにしかおもりを埋め込む穴が開けられず

うまくチューニング出来ない・・・
DSCF5093 - コピー

この時点で失敗が確定したが

それでも鱗シールや塗装などの方法を模索する為に

仕上げることにした。

DSCF5119 - コピー
あちこちのブログを覗いて自作の方法を調べた。

ダイソーに行くとアルミテープが手に入ったのだが

これは良くなかった・・・

アルミテープはホームセンターにおいてある0.08mm厚のものでなければ

下地の悪さがもろに出てしまうのである。

この時点で下塗りのエポキシコートをしてないばかりに

シルバー塗料を吹き付けると下地のボコボコが丸見えになった

かなり不細工な仕上がりになってしまう。

DSCF5126 - コピー
それでもなんとか形になったので

エポキシを塗ろうとするのだが

今度は二つまとめてモーターで回そうとするが

重たくて回転ムラが出てしまうので

フィニッシングモーターでは回せない

1つずつ回すことにしたら

アダプターを作り回転台も作らなければならなくなってしまった。

DSCF5130 - コピー
M10ボルトに5mmのバカ穴を堀、

横から締めるためのM4ネジをタッピングする

ルアーのアイを掴むため

先っぽは切れ込みを入れてM4ネジをたてて

固定できるようにしてみた。

DSCF5135 - コピー
M4ネジ1本ではガタガタするので

両方からネジを占めるとがたつきがなくなった。

DSCF5138 - コピー
これでエポキシを塗ることができるようになった。



DSCF5144 - コピー
200mmでは100gをかなり超えてしまうので

今度は桐材180mmの半割で100gを目指すことにした。

前回の失敗を生かしてもっと良いものを作ろう!

生地の状態いで丁寧にサンドペーパーを掛けることにした。

#80から#800番までを4段階にしてペーパーをあてた。


DSCF5196 - コピー
桐材に直接エポキシを塗ってから

乾燥後またペーパーを掛けて

小さな凹凸を潰す。

それから下地のシルバーを塗装する

DSCF5179 - コピー
細心の注意を払ってペーパーをあてたつもりなのだが、

腹のアイ周りの小さな凹凸を消すことはかなり難しいが

避けることのできない傷である。


DSCF5184 - コピー

トビウオを作ってみた

3個目のペンシルが出来たが形がまだ角ばってて良くない。

DSCF5201 - コピー
今度はイサキをイメージして180mmを作ってみた

数をこなせば出来栄えはドンドン良くなっていく。

DSCF5205 - コピー
エポキシの重量がかさみ102g

180mmにしてはメタボである・・・



DSCF5206 - コピー
5作品目はマイワシ

どんどんクオリティーが上がっている。

課題であったポッパーには

ボール盤を改造して180mmのみ回せるようにして

旋盤加工で杉材を削ってみた。


DSCF5228 - コピー
最初から腹割した材料を削って

おもりを埋め込む穴を開けてUVレジンで埋めてみた

それからエポキシ樹脂でコーティングすると

スケルトンボディのポッパーが出来た。

これはこれで面白いので次回はアルミテープと目玉シールだけの

ポッパーを作って見たいと思う。

DSCF5232 - コピー
お口はやっぱり赤色だな。


DSCF5236 - コピー
エポキシを只今2回塗り中

これで6作品目

実際にフィールドで動作確認してみて

釣れればよいが、釣れなければまたまた

作り直しである。

良いものができるようになるまでには

あと、最短でも2年は掛かるだろうな・・・



自作ダイビングペンシル200

シマノのカタログをジッと見つめ

暫し考える・・・

バブルディップ・別注ヒラマサ190・ワイルドレスポンス240・ヘッドディップ175

これらが欲しいのだが定価で14300円(税別)

一割引で12870円(税別)

魚との接点であり一番重要なルアーをけちっては

よくない・・・

「ルアーをけちるアングラーに上手な奴はいない。」

こんなこと誰かが言ってたな・・・

だが、無い袖は振れないのである。




この後の展開が読めそうであるが

買えないものは作るしかない!!

そう! お約束の!

自作である。

まあ、このブログを覗きに来る人たちは

これを期待しているはずである!

だから作ることにした。




材料はバルサ・桐・硬質発泡スチロールなど考えたが

取り敢えず家に残っている端材で作ることにした。

杉と米松が有り

軽そうな方を選ぶと米松だった。

丸鋸と簡易製材台で35mm角にカットしてから

長さ200mmに落として両者を比べた結果が米松だったのである。

真ん中に切れ込みを入れて1.6mmのステンレス棒が入るようにしてみた。

DSCF5042.jpg

ウッドルアー、  

普通の作り方としては真半分にカットしてから

貫通ステンレスワイヤーとシンカーの入る溝を掘り

中に入れてから接着するのが一般的のようだが

手抜きして鋸で溝を入れてみた。


DSCF5041 - コピー


この時点で87gの自重

ヘッドが持ち上がるように後方バランスのシンカーを

埋め込むと100gぐらいになる計算なのだが

はたして上手くいくのか・・・

重量の重いペンシルはS字アクションがうまく出ないと

言うらしい。



続きにはまだまだ時間が掛かりそうである・・・


今は真夏で暑いしね~

石鯛は居た

はやる気持ちを抑え竿を継なぎラインをガイドに通す。

潮の動きを確認してから撒餌を潮上に打ち、

付け餌を鈎に刺し魚の居そうな棚に仕掛けを置く。



いや~・・・

若い時はずう~とこんなんでしたけど

今ではその魚を確実に釣るためには

仕掛けを2本入れ無い事にしている。

一つの釣り場で二人が同じ仕掛けを出し合うと

どちらかがボーズだったりする。



昔話になるが

先輩と釣りに行くと必ず良い方のポイントを譲り

撒き餌すら打たしては貰えなかった不遇の時を

思い出した。

外れたポイントでも当たりは出るが喰い込まない

5対1でがっかりして帰ることなどよくあったのである。

人の良い釣り師ならば

気を利かしてポイントを交代してくれるのだが

頑固者はしぶとい。

「今、そっちでなければ喰はないんじゃないかなぁ」

などと言えば

「そっちは当たりがないのか?!」

「あるけど・・・」

「そっちで辛抱してやれ!」

などと返される。

先輩の知らない釣り場に連れて行くとこのパターンの逆もあったりして

釣り場は潮の向きで微妙に喰ってくるポイントが決まってしまうこともある。

同じポイントに潮上から仕掛けを入れても潮下のポイントしか

喰い込まない事は多々あったのである。

だが全てがこのパターではない事をお断りしておくが

石鯛ポイントには、一人一本の仕掛けが良い釣果を生み出すと思う。



それと、釣り場の確保のために最低2人は必要で

どちらかが遠慮しなければいけない事もある。


そう、だから私はショアジギだけで磯に渡ることもあるのだ。



石鯛釣りの記事をアップしていなくても

隣の人は確実に石鯛を釣っている

DSCF4972 - コピー

この日は3枚の石物でこれが最大だった。

私はジグで豆ヒラ一本のド貧果で終わったが

石鯛は一人で釣るものだとやはり確信した。

DSCF4974 - コピー










ショアマグラーへの道

磯から20キロオーバーを狙うことがどれだけ危ない事か・・・

ヒラマサなどはドラグ調整を誤れば転倒・落水が待っている。

マグロは根に突っ込んでいかないからドラグは少し緩めでいいのだが、

いつまでたっても止められず300mのラインが終了してジ・エンドなんてことになる。

これは体力のある若者がやる釣りなのだと思うのだが

一度火が着いてしまったし、ネットに上げてしまったからには

小さかろうが大きかろうがショアからマグロが釣りたいのである。



「おっちゃん やめろや!」

って、声が聞こえてきそうだが


オフショアでは小さいけどヨコワマグロを4本スロージギングで獲っている。

マグロのランがどれほどキツイ事かは知っているつもりだ。






石鯛竿を使ってのスタンディングファイト用のギンバルは使えないので

新たにネットで購入してみた

ゴールデンミーンのギンバル2400円

DSCF5033 - コピー
ルアーロッド専用に作られているからグリップエンドの収まりが抜群に良い。

しかもなんて安いんだ!(喜)


DSCF4960 - コピー

近場のジギング道場では一時期トビエイが釣れさかり

30キロを超す大物がちょくちょく掛かっていた。

垂直の護岸ではずり揚げができないため、

ギャフを使ってのランディングが当たり前なのだが

8mmチタンで作ったフライングギャフは

伸びてしまって使い物にならなくなってしまったのである。

そのときはステン10mmギャフの根元に7mmロープをワサ止めして

ロープアシストしながら引っ張り揚げたのだが

あのトビエイは何キロあったのだろうか?

一人でロープを引張た時のあの重量感はハンパなかった。

そんな面白い経験もあり、クエ以外の魚には返しのないギャフで

ランディングしなければいけない事が良くわかった。

DSCF4961 - コピー

返しがあるとなかなかギャフが抜けないし毒針の付いたエイに

近づきたくないから先に毒針を折ってから

ギャフ抜いて海にお帰りいただく。

それらの工程が色々と勉強になり

もう一本持っているフライングギャフの返しは削り取ってしまいました。

DSCF5023.jpg
チタン10mmフライングギャフ 右にひねると先っぽが抜ける様に作っている

ただし、20キロ未満の魚ならば普通のギャフで十分対応できるから

ギャフは2タイプ用意しなければ安心とは言えないだろう。

DSCF5031 - コピー
右側のステン8mmギャフは先が鈍っているのでヤスリで研ぎ直してみた。


DSCF5028 - コピー
十年位前に買い置きしていた大物用のトレブルフック。

今ではありえないくらいの値段の安さ!



DSCF5025 - コピー
練習用に買ったチャイナポッパー

プレスカットしたステンレス板のアイが付いているのだ

板厚が薄くてぶつけると変形が酷い・・・

これでデカイのきたらやばいだろうな・・・


200mm×100g位のウッドポッパー 造ってみようかなとも思うが

難しいだろうな・・・・・・・

DSCF5008 - コピー
物置を物色しているとクチジロ用に買った30号ナイロンが出てきた!

これは使える。

まだ400mは残っているはずだから(喜)!



ショアマグラー

石鯛釣りからドンドンと離れていく

まあ、いつでも出来ることは後回しにして

今残された釣り人生において体力、筋力、知力、経験が少しだけ

少しだけ戻りつつある。


近場のライトショアジギングでは物足りなくなり

又してもヘビーな釣りに心が傾き始めた。

来年には還暦を迎える

その前にショアから20キロオーバーの回遊魚を釣りたくなったのである。


いつも通っていたジギング道場で若いジガーから70歳を越えるジガーまでが揃い、

大物遠征に行くこととなってしまったのである。

全員がマグロ狙いな訳ではないがまだ見ぬ磯で大物と対峙したい

そんな熱い志で一戸集団が出来上がった。


20キロを超える魚との対峙には、普段遣いの道具は通用しない。

最初から道具を揃えるとなると最低30万円くらいは必要になるのだが、

幸いにも私は、オフショアを過ごした時期があり

スプールさえ替えれば使えるリールと

改造すれば使えるショアジギロッドを持っていた。

本当は19エクスチューン100XHが欲しいのだが

今は使える物を使うしかないのである・・・



2008にデビューしたシルバーボディの08ステラ

この年に同じくデビューしたショアジギロッドが

シマノAR-C S1006MH 

カタログを見て早速買いました・・・


説明とは違い驚く程ヘビー過ぎて3回使ったところで物置の肥やしとなりました。

今私が欲しがっているエクスチューン100XHよりも

硬くて重いロッドです。


このAR-C 1006MHを握り暫く考えました

「6インチ長いから使いづらいんだ!」

「リールシートもダウンロックでポジションが合わない、そうだバットカットすれば上手くいくはずだ」

単純な理由で後ろから160mm切ることにした!!

DSCF4988 - コピー
後ろを160mm詰めると丁度10ftになる。

元から付いていたEVAグリップと20パイのリールシートを切り捨てる。

自分のジャーク入れやすい位置にリールシートを決めエクスチューンもどきの

フォーグリップ仕様にする。

DSCF4989 - コピー
リヤのソフトキャップ22パイが嵌る様に木工ヤスリで段付きに削る。

木工旋盤がなくても電気ドリルが有れば色々な加工が出来るのである。

DSCF4990 - コピー
お尻にいらなくなったグラスロッドを差込み回転させる。

DSCF4993 - コピー
このブランクスの元径は17.9mm有りましたので

EVA30×18×650mmを使い前後に分けて加工です。

DSCF4997 - コピー
で、こんな風になりました・・・

リールシートの下を削りすぎたのね

チョット不細工になりましたがまあいいや・・・・

DSCF5006 - コピー
シングルラッピングの様に見えるけどダブルラッピング

元ガイドにはイオンプレーティングのオーシャンガイド#40

DSCF5007 - コピー
元ガイド以外はKWチタンガイドと全部ダブルラッピングで補強しました。

当たり前だけどね・・・

最初の仕様はトップガイド#8から元ガイド#25と言う

糸抜けの悪い仕様でした。



スレッドはブラックとシルバーのみでシンプルかつスパルタンなイメージにし、

実際に釣り場に持ち込んで105gのポッパーを投げてみましたが

よく飛び、取り回しが良くなり

PE5号とナイロン30号(120ポンド)の結束部(FGノット)のヌケもよく

ストレスの無い竿に仕上がりました。

ただし、380gあった重量から400g丁度に自重が増えたのが

少しだけ気に入らないところです。

DSCF4994 - コピー
 

つづく






たまには釣れることもある

コロナウイルスでもはや失業状態・・・

だが釣りには行けるが県を跨いでの不要不急の外出は控えるべし!!

そうです。

近場!   近場!   近場!

昔流行った 『安・近・短』

安い! 近い!短い!

前日焼いた手作りピザをお供に
DSCF4835 - コピー

安・近・短!

魚は不味いが、安・近・短!

たまには釣れるライトショアジギング!!

DSCF4868 - コピー
ショアジギっても

釣れたのジグじゃなくてプラグだけどね・・・

ショアプラッキングーッ!

はい!

タックル紹介

DSCF4880 - コピー
手頃な価格の

ショアスパルタン スタンダード96M

ストラディックCI4+4000XG-M

PE1.5号 リーダーフロロ7号

すべてお手ごろです

はい!

安・近・短!     安・近・短!!

DSCF4871 - コピー
107cm



続けて

ワラサも釣れた

ブリの一歩手間85cm
DSCF4873 - コピー
 
魚はデカイが 安・近・短!


でも、ヒラマサの方が引きは強ぇ~な。

ジグ再生ツール

新型コロナウイルスの影響で休業に追い込まれてボチボチ1ヶ月が来ようとしている。

まあ、元々仕事が嫌いな私だが、生活が脅かされるのは恐怖である。

なるべくお金を使わないように釣りに行きたいので、

そうなるとルアーフィシングしかないのだが生憎 近場の青物ポイントは

回遊がなくなってから1月くらいになる。

DSCF4721 - コピー

たまにショアジギやると筋肉痛で1週間くらいは体調不良に陥る。

歳を取るとコンディションを維持していくには継続は力なりで、

定期的な釣行が必要なのだ。

DSCF4804 - コピー

さて、釣りに行くか・・・・

ン?

ジグ  ボロボロ・・・

適当な補修しかしていない

ウレタンどぶ漬は高いし 時間が掛かる

得意のエポキシコートはつきっきりでもっと時間が掛かる・・・

しばし考える。

ロッドドライヤーを使ってエポキシをコーティングしたものを回せないだろうか!?

そうすれば皮膜は分厚く1回仕上げ又は2回塗で完璧な

コーティングが出来る。

DSCF4704 - コピー

ジグを掴める治具を作ってみた。

3×20×1000のアルミプレート(1100円位でホームセンターに売ってます)を

40gのショートジグに4つ、40gのロングジグ用に4つ、

60gのロングジグ用に4つ程治具を作ってみた。

これを25×25×600の角材(480円)を加工してジグドライヤーなるものを

製作してみた。

DSCF4818 - コピー
モーターで低速回転させると竿にエポキシを塗るのと同じくらいに

均一で厚みのあるコーティングができるのであるが、一度に塗装できるのは

8個が限界で必ずバランスを取って回さなければ回転にムラが出るし

モーターに負担が掛かって回らなくなるのである・・・




塗装がぼろぼろに剥げているものにはサンドペーパーで平にしてから

ホロシートを貼って、マニキュアのシルバーを塗りラメ入りコートを塗ってから

エポキシでコーティングするのだがこれには2度塗りが必要だった。

DSCF4806 - コピー

そのほかにも買い置きしていた新品のジグにもエポキシをコーティングしておく。

そうすればスピンテール仕様にした時にも塗装の剥がれがかなり防げる。

サワラゲームで多用するナッツジグ45gもバーチカル専用で投げてはならないと

表記されているのだがエポキシを塗ると塗装の剥がれがほぼ無いので

安心してキャストできるのである。


DSCF4821 - コピー

ショアラバー ってもインチクやけどボロボロだった塗装に直接エポキシ塗って

乾いてから赤マジック塗って使える!

暇つぶしにこんなことばっかやってます。

・・・・・








ライトショアジギングからのウマヅラハギ

岩国沖でめちゃくちゃ流行っていたサワラゲーム

超高速のただ巻きだから誰でも釣れるし

タックルが軽いライトゲームだから疲れない!?

いや・・・

やっぱ疲れたな・・・

遅く巻くとヤズ・ハマチ・サゴシばかりになってしまうのだが

フォールバイトでも時折サワラが釣れていたのである。

この時に釣れたサワラ・サゴシはひじょうに美味しかったので冷凍庫の中に

まだキープしたものが残っていて西京焼きや塩焼きで楽しんでいる。


その後、近場のオカッパリで釣れたサワラ・サゴシは不味いのでがまんして片付けたのでありますが

海水の質が悪いのか捕食しているベイトが不味いのかは定かではありませんが、

ほんとに美味しくなかった・・・


別に美食家を気取るつもりじゃないけれど、やっぱ美味しい魚が食べたくて

8歳の子供をつれてウマズラハギを釣りに行くことにした。

身長140cmにも満たない非力な体力に見合ったロッドを探す。

6ftの掛け調子の中古タイラバロッドが

倉庫に眠っていた事を思い出し、折れてもいいや!

てな感じで子供に与える。

リールはバルケッタBB300HGにカーボンパワーハンドル75mmで

子供でも力負けしないように換装して、PE1号にリーダーフロロ4号で

まんま一昔前のタイラバタックルである。

カワハギ王7号のバラ鈎で自作の4本から5本枝鈎仕掛けで釣り開始した。

DSCF4684 - コピー
凍えた手でオキアミを鈎に刺すのがもどかしいのを我慢して

当たりに集中する

半分以上は私が餌付けをこなしていたのだが

当たりを掛け合わすのが上手くて周りの大人以上に

釣果を上げたのである。

DSCF4693 - コピー (2)
どや顔まじりのフォト・・・

父6枚、息子6枚・・・・

この日は激渋でボーズの釣り人さえいたのである。


生キモで食べたいところだが少しニオイが気になるので

味噌と酒を溶かした汁で肝をボイルして臭みをとり、

ポン酢にその肝を解いて刺身にもぐりつけながら食べると・・・

フグの次に美味い!

寒さをこらえて釣ってきた甲斐があると言うものだ。

魚屋でパック売りしているものでは味わえない手間暇である。



ショアライトジギング

病気で倒れてから2年が経過しようとしている。

脳をやられると麻痺とかの後遺症が残るものだが、不思議とわたしにはそれがないのだ。

ただし、睡眠不足で釣りに行くと二日、三日は調子が悪くなる・・・

石鯛釣りは徹夜で行かなければならず、かなり疲労がたまる。



そこで去年の12月は、近くの海岸でブリ・サワラ狙いのオカッパリでライトショアジギングに嵌っていた!

ロッドはメジャークラフトのSLJ10フィート

リールはシマノストラディックCI4+ 4000M (アルミパワーラウンドノブ+ベアリングチューン仕様)

PE1.5号にリーダーフロロ25㍀を巻き、山陰で使うロックフィッシュタックルそのもので楽しんでいました!

でも根魚狙うときにはフロロリーダー20㍀だったけど、25㍀あれば瀬戸内海のブリも鰆も獲れるのである。

ドラグはユルユルで走るだけ走らせて寄せてくる

山陰の磯ではヒラマサが主なので全く違う獲り方である。

瀬戸内海の青物はまずいので馬鹿にしていたのだけれど、ライトタックルで遊ぶ内海の青物ゲームはめちゃ楽しい!

当分病み付きになりそうである。

ブラキオ

 パソコンの調子がおかしい・・

なかなか開く事が出来ず更新もままならず、困っているとセキュリティソフトの期限切れが原因のようで

無料のキングソフトをインストールすると動きが少し重く有料のセキュリティソフトにすればよかったかなぁ、

と反省するがここ最近は

チタン材やら月光ドリルのキリサキ、ジルコニアのベルトサンダーやら買い揃えていると

かなりの出費がかかり、パソコンに投資できないのが現状である。

DSCF4467 - コピー



 この投資は今開発中のブラキオを造るためなのだが

私の住んでいる広島市の北部は毎日のように小雪が降り日中でも氷点下になり屋外での作業は辛く

ついにインフルエンザに罹ってしまった・・・


せっかく創作意欲が湧き起こっている最中だというのにとてももどかしい気分である。

DSCF4468 - コピー


 さて愚痴はこれぐらいにして置き本題に入ろう

今回製作するブラキオのコンセプトは石鯛竿で狙うクエ(20kg以下)

もし、それ以上の物が来ても道糸が飛んで終わりになるから何も破壊されるものは無いけど

スタンディングでやり取りするときはギンバルぐらいの装備は必要!

ギンバルしてるのと しないじゃ人間の力は完全に出し切れないし下腹が痛くて力負けする。

 油断していて前当たりを見逃し、一気に舞い込まれてもウィンチで巻き取る事も出来る強度を兼ね備え 

軽量化されていてもちろん石鯛釣りにも使える万能タイプ ただし、ハンマードリルで10mmのアンカーが必要になるのが

欠点だが岩の割れ目に打ち込むものほど危険なものは無い(大物狙いにおいて)


これらを踏まえてリールもそこそこ大型リールが必要になるけどシマノなら

4000番のKAIKONにPE20号が100m巻いて8分巻きで丁度よいサイズ!

ダイワなら幻覇王50でPE20号が100mかな

これらは遠心ブレーキが付いていてとても投げやすくポイントへ正確に打ち込めます。

レバードラグリールはドラグ設定値が高めにセットできる利点があるものの

キャストするにはかなりのテクニックが必要でブレーキ付きは唯一アベットで

キャタリナLDでは糸巻き量が少なく使い物にならない。

そのアベットを私は持っているのだが欠点が多くてあまりお勧めできないのだが

シングルスピードモデルならば安価で購入しやすい、但しハンドルは短くて力負けするので

ロングパワーハンドルを造ってみたところこれなら闘えそうである。
DSCF4469 - コピー
チタン5mm厚の板材を加工したものでネジ留めの芯からグリップのシャフト芯(芯~芯)で

115mmのプレートにスタジオオーシャンマークのT型ハンドル100mmを装着してみた。



DSCF4470 - コピー
アベットの足はアメリカ規格で少し短いのでfujiのDPSリールシートでは締めつけにくく

必ずロッドホルダーを装着しないとすっ飛んで行く恐れがある

今、この竿にはDPSボートロッドリールシートが装着されているのでアメリカ規格の足には

ジャストフィトしているがそれでもロッドホルダーを装着しないと不安は取り除けないのである。


DSCF4471 - コピー
このアベットにはPE35号(よつあみ)を100m巻いています。

いずれは20号を300m買って半分に切って150m巻きにする予定です。

あっ!そう言えばPE20号って高そうに思われますけどネット通販で100m1800円台で売っていますね。



そしてこのブラキオ8台限定生産で販売価格5万円を予定していますが

仕上げと溶接の関係でリリース予定は3月下旬もしくは4月中ごろです。

ちなみに、がまくえ ライトインパルス30号と相性がよさそうなのでがまかつファンの方も御一考ください。




プロトタイプ

DSCF4346 - コピー
アンカーピトン

アンカー1本で固定できるピトン受け




この竿受けは対クチジロ用に造った物だが意外と重くて上下合わせて836g

強度と軽さを追及して作ってはみたものの、縦方向の強度は20kgの魚には持ちこたえられないと思う。

実験はまだ試みては無いが・・・

実際には15kgの寒鯛には大丈夫だった。
DSCF4441 - コピー
コンパクトに仕舞えるのが売りである






DSCF4337 - コピー
クエ用セパレートタイプの竿受け

アベットにパワーハンドルを装着してライトクエ釣りを実践してみたが

マグネットブレーキが効きすぎて投げづらくブレーキ1でも遠投がむずかしい

結局シマノのジガーLD4000Ⅱに落ち着いている。

竿も硬すぎると50cmクラスのクエには不向きで

14翔石鯛525Hがベストマッチだった。





この夏のクエ釣りを振り返ってみると

新設計の竿受けが欲しいなどと思いが湧いてきた

まず、兄に1本竿受けを造ってやらねばならず

今まで作って来た1本脚タイプものでは沢山の部材が必要で

かなりの仕入れ代金が掛ってしまうのである。

単純だけど強い物! 強いけど軽い物!

これらを鑑みるとビートルの原型に回帰したもで

以前にブログにも軽量化した図面を載せた物をつくることにした。

だが軽量化したものには必ず欠点が存在するのだ

改良を前提とした創作物をプロトタイプと言う。


さて、取り合えず完成したので

お披露目と行こう!


DSCF4440 - コピー
SUS製のネジをを省けばアンダー700g

DSCF4432 - コピー
前受けの高さ調整ネジはM10をダブルで左右へのブレを押さえるのが目的


DSCF4433 - コピー
後ろの石突受けは座板に溶接で固定しているから

仰角の有効角度は水平から±30位


DSCF4436 - コピー
この時点ではまで磨きを掛けてないので溶接の焼色が残っている。

レベル調整ネジは4本でセンターネジは10~12Mを使用する。

どれぐらい強いのかクエ竿をのせて私自身がのっ掛ってみたが

横に揺らすと不味いだろうと言うのは判ったが

縦方向には抜群に強い

(※独りで写真撮影したのでクエ竿の上に乗っている写真は今回は有りません あしからず)


DSCF4442 - コピー
折りたたむとこれぐらいの大きさ

この創作物の名前は ブラキオ

あと、3つ作らねばならないのである・・・

プロフィール

うにてんこもり

Author:うにてんこもり
初老のアングラーです!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
未設定
--位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR